FC2ブログ

塚廻り古墳群第4号古墳(龍舞町)

IMGS7956s_20191014104937820.jpg
 国道122号線と県道38号足利千代田線が交わる竜舞北交差点の500m程北東に位置する塚廻り古墳群第4号古墳(太田市龍舞町3089)。
 十一年前と変わってはいないだろうと思ったら案内板が新しくなっていたり入口に木が植えられていたりした。
DSCF9576s.jpg DSCF9576bs.jpg
国指定重要文化財「上野塚廻り古墳群出土埴輪」(模造)
 この塚廻り古墳群第四号古墳に並べられている模造埴輪類は、発掘調査によって明らかにされた埴輪類を忠実に復元製作し、出土状態からその配置を復元したものである。
 墳丘部には、円筒埴輪、盾形埴輪、家形埴輪、大刀などが配置されていた。
 造り出し部には、円筒埴輪のほか、人物埴輪や馬形埴輪が配置されていた。西端には四体の女子像が配置され、その東部には椅子に座った男子、跪く男子などの七体の男子像が配置され、その北部には飾り馬と馬子が配置されていた。
 このような埴輪の配列から、椅子に座った男子を中心人物として、首長権が継承される儀式を再現したのではないかと推察できる。
 各々の埴輪のつくりは表現も豊かで、造形的にも非常に優れており、この四号古墳出土の埴輪類を含め「上野塚廻り古墳群出土埴輪 一括」として、昭和六十年六月に国の重要文化財に指定された。現在、埴輪の現物は群馬県立歴史博物館に保管されている。
    平成二十七年三月二十五日

DSCF9578s.jpg DSCF9578bs.jpg
群馬県指定史跡 塚廻り古墳群第四号古墳
             指定年月日 昭和五十二年九月二十日
             所 在 地 太田市龍舞町三〇八九番地二ほか
 昭和五十一年度に行われた太田市東部地区ほ場整備(土地改良)事業の際、偶然水田下から発見された七基の古墳のひとつである。
 円丘部に台形の造り出し部を付け加えた形で、帆立貝式古墳と呼ばれる形式である。墳丘の全長は二十二・五メートル、円丘部の直径十七・七メートル、造り出し部は幅八・七メートル、長さ四・八メートルである。
 周囲に幅四・五メートルの堀を持つ。
 主体部は、円丘部中央と北側裾部の二か所で発見されており、後者は埴輪列を壊して造られている。
 墳丘部から円筒、朝顔形円筒、家形、器財、人物、馬の計三百四点の埴輪が出土している。これらの埴輪は、その優れた造形と、埴輪祭式の様子をリアルに再現することが可能なことから、昭和六十年に一括して国の重要文化財に指定された。
 築造時期は、六世紀前半と推定される。
 平成二十七年三月二十五日

IMGS7971s_20191014111428e5d.jpg IMGS7964s_201910141114293e0.jpg
IMGS7973s.jpg IMGS7977s_20191014111637970.jpg
IMGS7980s_20191014112051944.jpg IMGS7983s_20191014112052486.jpg
IMGS7978s.jpg 
IMGS7987s.jpg
 左側の木の所が4号古墳入口になるが、案内板の図を見るとこの撮影した場所は13号墳があった辺りになるのだろうか。いや、10号墳から13号墳は埋め戻して保存されているそうだから「あった」ではなく「ある」なのか。地下だけど。

 以上で9月15日参拝分終了。
 使用機材はK-5IIsにDA16-85mm、DA FISH-EYE 10-17mm、50-150mm II。X30。
スポンサーサイト



浄光寺(龍舞町)

IMGS7952s_201910140955551a1.jpg
 白山神社の300m程南に位置する曹洞宗瑞蓮山浄光寺(太田市龍舞町1766)。
浄光寺(大字竜舞字上耕地)
宗派・系統 曹洞宗、韮川の玉岩寺末寺
本尊 阿弥陀如来
由緒 昔天台宗で僧法開基、天正十二年三月北条氏金山城攻めの時に兵火にかかり、堂宇すべて焼失して烏有となりしを全暁再建す。宝永三年六月十九日入寂す。
本堂 間口九間奥行六間半
境内 八百鉢十六坪 民有地
境内仏堂 一宇 方二間
由緒 不詳、兵火の際焼失せりと雖稀有の大きい五輪の塔四基現存し年号も判読し得られその由緒を物語る。
檀徒 二百十三人
附記 (一)竜舞村に在り。号瑞蓮山相伝う秀郷の末葉舞木四郎秀張(純)十五代の孫舞木伊予守秀高が息女の建る処なり。元弘の此は真言宗なり。中世新田小四郎義忠法名幽儀助信の中興なり。天正の此より禅宗となる。(上野国志)
(二)浄光寺は玉岩寺五世舜梵開山寺領一町五反歩(恵林寺古記録)
(『休泊村誌』より抜粋)

IMGS7939s.jpg
 本堂。
IMGS7941s_20191014095553ac4.jpg
 不空堂と千手観音堂。
DSCF9572s.jpg
 不空堂の中には十王尊像と地蔵菩薩像が納められている。不空堂と書かれた扁額が掛かっているのだから不空羂索観音を祀っているのかと思ったら違った。
 千手観音堂の方は厨子に納められているようで、像は見えない。
IMGS7910s_20191014101316d23.jpg
 写経塔。
IMGS7897s_201910141013445da.jpg
 五輪塔。
太田市指定重要文化財 浄光寺五輪塔
        ●所 在 地 太田市龍舞町一七六五 浄光寺
        ●指定年月日 昭和四十八年(一七九三)十月二十四日
 寺伝によると瑞蓮山浄光寺は、もとは天台宗の寺であったが、天正十二年(一五八四)小田原北条氏による金山城攻撃の際兵火にかかり焼失してしまった。その後、舜庵全堯大和尚が寺を再建した際、曹洞宗に改宗したと伝えられる。
 五輪塔は、本堂西の墓地内に四基ある。いずれも総高百五十cm前後で、凝灰岩製である。向かって右端と右から三番目の五輪塔は完存しているが、他の二基の空・風輪は後補されたものである。
 また、右端の五輪塔地輪部には、中央に「アー」の梵字、右側に「蓮生幽儀助信□霊」の銘文があった。「幽儀助信」は、江戸時代に書かれた『上野国志』によると、当寺中興の祖、新田小四郎義忠の法名と言われるが、薗田氏の墓とする説もある。かつては「元弘三年(一三三三)癸酉二月廿九日」の紀年銘も見られたが、今では梵字以外は判読が困難である。
 市内に現存する紀年銘のある五輪塔の中では、円福寺にあるもの(元亨四年〈一三二四〉)に次いで二番目に古く、他の三基も同一年代頃の造立と推定され、中世石造美術の優品として貴重なものである。
 平成九年(一九九七)二月二十八日

IMGS7892s_2019101410133157b.jpg IMGS7901s.jpg

白山神社(龍舞町)

IMGS7865s_20191009204131616.jpg
 龍舞集会所脇に鎮座する白山神社(太田市龍舞町4370)。
 前回と特に変わった様子は無い。
群馬縣管下上野國山田郡龍舞村字白山 無格社 白山神社
祭神 菊理比咩神
由緒 不詳
境内 三百七十坪 官有地
境内末社 七社
  直日社
   祭神 大直日命
   由緒 不詳
  嚴嶋社
   祭神 市寸島姫命
   由緒 不詳
  住吉社
   祭神 底筒男命 表筒男命 中筒男命
   由緒 不詳
  稲荷社
   祭神 倉稲魂命
   由緒 不詳
  八坂社
   祭神 素戔嗚尊
   由緒 不詳
  八幡宮
   祭神 譽田別尊
   由緒 不詳
  神明宮
   祭神 大日孁尊
   由緒 不詳
(『上野国神社明細帳』より抜粋)

IMGS7869s_201910092041301ab.jpg
 拝殿。
IMGS7882s.jpg
 斜めから。
IMGS7880s_20191009214448708.jpg IMGS7875s_20191009214447dba.jpg
 神輿の奥に木の小祠が見える。
 神輿庫の脇に石祠があるが何神社なのかは不明。
IMGS7890s_20191009214500578.jpg
 庚申塔。

神明宮(下小林町)

IMGS7793s_20191009193420378.jpg
 若葉幼稚園の北側に鎮座する神明宮(太田市下小林町753)。
 前回と変わった点として隣が住宅地になっていた。
神明宮(大字下小林字大倉)
祭神 大日孁命のほか木花咲耶姫命・宇迦之御魂神・市寸島姫命・科長津比売命・速須佐之男命・大雷神・鴨若雷神
由緒 不詳 明治四十年十月九日許可、同字大倉無格社八坂神社・無格社田直神社同境内末社三社・無格社賀茂神社・無格社稲荷神社を本社へ合併。
境内 百十坪
境内神社 二社
  三峰社 祭神大山祇命 由緒不詳
  諏訪社 祭神建御名方神 由緒不詳明治十年当村字大倉より移転
(『休泊村誌』より抜粋)

IMGS7857s_20191009193419250.jpg
 拝殿斜めから。
IMGS7805s_20191009202003804.jpg IMGS7812s.jpg
 八坂神社。
IMGS7813s_20191009202035e3a.jpg
 三笠山神社、御嶽山神社、八海山神社。手前の石碑は神社合祀記念碑。
IMGS7839s_2019100920203339c.jpg
 産泰宮。
IMGS7828s.jpg
 以前は崩れた石祠があったのだが、撤去されたのか或いは更に崩れてしまったのか、それらしきものは見当たらない。
DSCF9561s.jpg DSCF9563s.jpg
 神明宮前から200m程南下した所の十字路脇に甲子塔。

八幡宮(龍舞町)

IMGS7770s_20191008212158a8b.jpg
 御霊神社の550m程南西、三叉路脇に鎮座する八幡宮(太田市龍舞町4751-1)。
 鳥居の柱には「明治三十九年十二月建之」と刻まれており、脇の石碑には次の碑文が刻まれている。
記念碑
 本神社は白山神社として古くから地元の人たちの心のふ
るさととして信仰されてきましたが明治四十一年郷社賀茂
神社へ合併をし又強い地元氏子の要望により現在地へ大正
七年にまつりもどした、その後この境内地は九十年あまり
現小林哲氏の先祖の厚意によりおまつりをされてきました
が近年におきましては氏子一同の八幡宮としての改称の機
運が高まり氏子一同の総意により宗教法人化をすすめるこ
とになりましたが、その最中に境内地が競売物件となり、
時の聲揚げる有志が尽力をつくし今迄どうり氏子の守護神
として参拝出来る状態になるように寄贈されました。その
厚意に深く感謝し末永く後世に伝えるものといたします。
 尚 本神社は平成二十四年六月八日、群馬県知事より
宗教法人 八幡宮として、認可されました。
 これを機に、ここに記念碑を建立いたします。
    平成二十四年十一月 吉日

 十一年前のエントリーでは「まっぷるには白山神社と記載されていたが来てみたら八幡宮だった。地図が間違っている」と言うようなことを書いていたが、この碑文を読むと古くは白山神社であり、正式に八幡宮となったのは平成二十四年(2012)とあるので十一年前の時点ではまだ白山神社であったと言うことになるわけだ。つまりまっぷるは間違ってなかった……ごめんなさい〇刀乙
 大正七年から九十年近く経った頃に八幡宮への改称の機運が高まったとあるが、大正七年(1918)+90年=2008年……お詣りした時は八幡宮へと改称しようとし始めていた頃だったのだろうな。
IMGS7780s_201910082121570b7.jpg
 拝殿。
IMGS7791s_201910082121576a6.jpg
 斜めから。
IMGS7784s_201910082121569ab.jpg
 石祠三基。
 中央の石祠は額部分に若宮の文字。他の二基は不明。

 『上野国神社明細帳』を見ると龍舞町の白山神社は字新堀と字白山の計二社があり、この辺りの字名がどちらなのかはわからないが、新堀の白山神社は民有地で白山の方は官有地と記されていることから見てこちらは字新堀になるのだろう。
群馬縣管下上野國山田郡竜舞村字上新堀 無格社 白山神社
祭神 菊理比咩神
由緒 不詳
境内 三拾八坪 民有地
境内末社 六社
  八坂社
   祭神 素戔嗚尊
   由緒 不詳
  八幡宮
   祭神 譽田別尊
   由緒 不詳
  嚴嶋社
   祭神 市寸島姫命
   由緒 不詳
  北野社
   祭神 菅原道真公
   由緒 不詳
  直日社
   祭神 大直日命
   由緒 不詳
  稲荷社
   祭神 倉稲魂命
   由緒 不詳
(『上野国神社明細帳』より抜粋)
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード