両国稲荷神社(東日本橋二丁目)

IMGS7453s_20170504105352cb3.jpg
 両国橋西交差点の北側、日本橋CETビルとNビル、ヴェルドミール柳橋の間と言うとてもわかり難い場所に鎮座する両国稲荷神社(中央区東日本橋2-28)。
 何年か前には鳥居や案内板もあったそうなのだが、現在はどちらも無くなっている。
IMGS7457s.jpg

 以上で4月30日参拝分終了。
 使用機材はK-5IIsにDA20-40mm、DA16-85mm、DA FISH-EYE 10-17mm。X30。
 ウォーキングカウンターは17,841歩。
 今回は4月22日の神社巡りで見落としていた所を主として巡って歩いたのだけど、見落としすぎだろう自分○刀乙
スポンサーサイト

矢之庫稲荷神社(東日本橋二丁目)

IMGS7424s.jpg
 薬研堀不動院の西側に鎮座する矢之庫稲荷神社(中央区東日本橋2-6)。
IMGS7425s_201705041016139ee.jpg
 ググってみたところ、現在の社殿は平成二十三年(2011)十月に新築されたものであるそうだ。
DSCF9467s.jpg 
縁起
 今日隣接する東日本橋一丁目あたりが谷野と呼ばれていた頃 正保二年(一六四五)幕府が米蔵を建て谷野蔵矢之倉と称されていました その庭中に御蔵の鎮神として三社を合殿した三社稲荷神社をまつりました三社は中央に「谷野蔵稲荷」左に「福富稲荷」右には「新左衛門稲荷」からなりたっておりましたが五十年程経て元禄十一年(一六九八)に御蔵を鉄砲洲に移転すると共に三社稲荷を一緒に移されました 御蔵の後地に居住する人達がその名を惜しんで そこに三社稲荷を残し今も尚東日本橋一丁目に「矢の倉三社稲荷」として祭られております後年明治六年(一八七三)に「新左衛門稲荷」が昭和七年(一九三二)には「福富稲荷」が当町にある「初音森神社」に遷座合祀されたと伝えられ残る「谷野蔵稲荷」は幾多の変遷場所を変え現存地にその社を構えるに至りました その名称に使われている文字もいつの頃から「矢の庫稲荷」と特に「庫」の文字を強調した呼称に改められました祭神は「三社稲荷神社」と同様「宇賀魂命」と考えられ御神躰は勿論現存しないわけですが翁の形で手に鎌と稲穂を持つと伝えられております
 昭和五十三年 二月
        矢の倉稲荷世話人

IMGS7434s_20170504101612814.jpg
 「信為本 昭和三十年秋吉日 黒川武雄謹書」と刻まれた石碑。
IMGS7422s.jpg

IMGS7418s_20170504101610fce.jpg

IMGS7441s_20170504104244ec7.jpg IMGS7439s.jpg
 矢之庫稲荷神社からぐるっと東側に回り込むと薬研堀不動院(中央区日本橋2-6-8)。
 その脇には聖徳太子が祀られている。

久松稲荷神社(日本橋久松町)

IMGS7370s_20170504094250cd4.jpg
 久松町会館の入口脇に鎮座する久松稲荷神社(中央区日本橋久松町6-6)。
IMGS7373s.jpg

IMGS7382s_2017050409424810b.jpg IMGS7378s_20170504094246b0a.jpg
 お狐様。
IMGS7385s_20170504094245122.jpg
 首だけになってしまっているが、先代だろうか。
IMGS7393s_2017050409424455f.jpg

明治座稲荷神社(日本橋浜町二丁目)

IMGS7349s.jpg
 浜町センタービルの脇に鎮座する明治座稲荷神社(中央区日本橋浜町2-31-1)。
 額には「正一位笠間出世稲荷大明神」と刻まれており、正しい社名は笠間稲荷神社明治座分社であるそうなのだが、長いせいか明治座稲荷神社と呼ばれる方が多いようだ。
 由緒書きは見当たらないが、ここから200m程西北に鎮座する笠間稲荷神社東京別社からの分社である。明治座内に祀られたのがいつなのかはわからないが、明治座の創建は明治六年(1873)であり、また笠間稲荷神社東京別社が現在地に遷座して来たのも明治六年十二月なので、それ以前と言うことはないだろう。
IMGS7346s.jpg IMGS7347s.jpg
 お狐様。
IMGS7361s.jpg

IMGS7354s_20170504082519e7a.jpg
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード