阿彌神社(阿見町阿見)

IMGK6543s.jpg
 国道125号線阿見美浦バイパス中郷交差点のすぐ北側に阿彌神社の社号標石と由緒書きが設置されている。
 参道は長く、200m程続いている。
IMGK6546s.jpg
『阿彌神社
祭 神
 豊城入彦命・経津主命
由 緒
 崇神天皇十八年、豊城入彦命、東国に荏み曽て此地に到り昔建御雷経津主二大武神平国の功を憶い、其の上天地なるを偲びて慨然としていわく「皇祖の天下を経営せらるるや、阿彌普都実に能く天業を輔弼せり両神功成りて天に還りしは、蓋し是の地なるか」とこれより阿彌郷と名づけ、この地に命を祭る。明治六年八月郷社に列す。
明治三十九年十二月当村内の熊野神社・香取神社・天照大神宮・皇産霊神社を、明治四十一年四月 鹿島神社・愛宕神社・八坂神社・八幡神社・稲荷神社を 同年五月十握神社を合併す 旧阿見村の鎮守の社として崇拝され 岡崎、中郷、西郷、立之越の四地区より総代が選出され八名の氏子代表が阿彌神社の祭祀行事等を司り慣習の伝承に務め先代より今日迄引継がれている。
境内社
 青麻神社、道祖神社、八幡神社、稲荷神社、日枝神社、諏訪神社』
IMGK6554s_20101030155459.jpg
 鳥居。
IMGK6566s.jpg
 金毘羅大権現。
IMGK6571s.jpg
 道祖神社。
IMGK6575s.jpg
 拝殿前には四体の狛犬が並んでいる。
IMGK6580s_20101030161039.jpgIMGK6579s.jpg
 狛犬(小)
IMGK6597s.jpgIMGK6592s.jpg
 狛犬(大)
IMGK6587s_20101030161038.jpg
 拝殿。
IMGK6651s.jpg
 参道左手側に神明造りの社殿。
IMGK6601s.jpg
 本殿左側に末社群。
 左から不明、大神宮、愛宕神社、不明、聖徳太子、不明、不明、香取大神宮。奥の三社は全て不明。
IMGK6622s_20101030162237.jpg
 稲荷神社鳥居。
IMGK6646s.jpg
 稲荷神社社殿。
IMGK6632s.jpg
『常陸貳十八社
 信太郡木原邨鎮座 楯縫神社
 仝郡阿見邨鎮座 阿彌神社
 久慈郡静邨鎮座 静神社
 筑波郡筑波山鎮座 筑波山男體神社
 筑波山女體神社
 鹿島大神宮
 那珂郡大井邨鎮座 大井神社
 仝郡青山邨鎮座 青山神社
 久慈郡今幡邨鎮座 長幡部神社
 仝郡黒宮邨鎮座 薩都神社
 鹿島郡磯邨鎮座 大洗磯前薬師菩薩明神社
 那珂郡吉田邨鎮座 吉田神社
 新治郡稲田邨鎮座 稻田神社
 仝郡加茂部邨鎮座 鴨太神御子神王神社
 茨城郡泉邨鎮座 夷針神社
 久慈郡白羽邨鎮座 天志良浪神社
 仝郡水木邨鎮座 天速王姫神社
 仝郡天神林邨鎮座 稻村神社
 仝郡小瀬邨鎮座 立野神社
 那珂郡大山邨鎮座 阿波山上神社
 仝郡藤井邨鎮座 藤内神社
 仝郡石舩邨鎮座 石舩神社
 眞壁郡大國王邨鎮座 大國王神社
 那珂郡平磯邨鎮座 酒烈磯前薬師菩薩神社
 茨城郡岩間邨鎮座 羽梨山神社
 仝郡大和田邨鎮座 主石神社
 新治郡笠間城中鎮座 佐志能神社
 多珂郡津田邨鎮座 佐波波地祇神社』


 以上で10月24日参拝分終了。
 使用機材はK-7にDA18-55mm WRとSIGMA 50-150mm II。
 初めての土地で、どこに行くかも決めていなかったので行き先は友人任せだったのだが、後で地図を見たらこの辺りは結構神社が多い地域だったのだね。足利からだと車で片道三時間近くかかるのでほいほい出かけて行く気にはなれないけど、でもいずれはこちらの神社巡りもしたいものだ。
スポンサーサイト

鹿島古女子神社(阿見町掛馬)

IMGK6493s.jpg
 陸上自衛隊舟島射撃場の北西に鎮座する鹿島古女子神社。
IMGK6501s.jpg
 鳥居をくぐると参道右手側に石祠。
IMGK6502s.jpg
 少し先の左手側にも石祠。
IMGK6508s.jpg
 更に進むとこちらは金毘羅大権現。
IMGK6516s.jpg
 拝殿手前にも石祠。
IMGK6519s.jpg
 拝殿左側には他のものより立派な祠。
IMGK6512s_20101030154102.jpg
 拝殿。
 こちらには由緒書き等は見当らないが、ググってみると創建時期は大同年間(806-810)と言われ、主祭神は鹿島御子神(天足別命)で、配祀神として建御雷之男命、経津主命、天児屋根命、宇賀之魂命、水波能売命、大日霊命を祀っているらしい。また、境内社として琴平神社と道祖神社があるそうだが、どれがなにやらさっぱりだ。
IMGK6530s.jpg
 本殿。
IMGK6521s_20101030154100.jpg
 こちらにも石祠二つ。
IMGK6540s.jpg
 本殿裏には蛙の置物を従えた石祠。
 神社裏がこんもりとしていたので古墳かなと思ったら、やはり古墳だった。

楯縫神社(美浦村木原)

IMGK6398s_20101030144004.jpg
 美浦村役場から北へ向かって行くと、楯縫神社が鎮座している。
IMGK6402s.jpg
『村指定文化財狛犬一対
 狛犬(高麗犬)は唐獅子ともよばれ霊力をそなえた異国の動物で、寺社の守護神として、供えられている。
 一対のうち一方は口を開き「阿」、他方は口を閉じて「吽」の形をとる。阿は字音の最初、吽は最後の字で、この二字をもって諸方の原点と帰着点をあらわすものとしている。
 なお狛犬は江戸時代以後屋外に置かれるようになったが、古くは殿舎内に置かれることが多かった。

 当楯縫神社(祭神フツヌシノミコト)は推古天皇一六年(608)創建で、フツヌシノミコトが兜楯を脱いでこの地に残された故事にちなんで、楯脱ぎ──楯縫の称がでた。古来信太郡一の宮(元県社)である。境内北の方には、杉の巨木の根幹(径六メートル余)があり「木原」の地名の起りといわれている』
IMGK6406s.jpg
 二の鳥居と長い参道。
IMGK6450s.jpg
 歌碑と琴平神社。
IMGK6418s.jpg
 木を挟んで琴平神社の裏にも石祠。
IMGK6439s.jpg
 拝殿。
IMGK6426s.jpg
『延喜式内小社
 一の宮  楯縫神社 元県社
 祭神   普都主命
 盤筒男・盤筒女、二神之御子で武甕槌命と共に高天原より降って此の国を平定し給う時に自ら斎主神となって神祇を祀り給うた。その為後世戦陣の門出には命を祀るのが例となった。昔古大神葦原を平定し復命の時此の地に暫時留り賜へ楯矛を脱ぎて御魂留賜へし地により此所を楯脱と稱していたが同年七月三日城主近藤式部大輔藤原利勝の原と境内神代大杉五丈八尺余の霊木の繁り生う地なるが故に大木の木とを合して木原と村名を改めた。昔古は鹿島神事と申して氏子中、吉日良辰を卜い定めて惣氏子(三十三郷五十有余村)時を定めて社前に集合いたし御雷大神、普都主大神の神輿を供奉し霞ヶ浦を渡御竹来二の宮阿彌神社へ送り奉る古式祭が行われた。往古は御神領五十三町歩余ありしが興国年中(1340)高師冬以賊軍をもって信太の荘を責取らんが為、土人屋代信経と云う者を響導として信太の荘を侵し此の時神領不残掠椋奪され無禄となる。
 勤請年歴 人皇参捨四代推古天皇の十六年宮造り六〇七大同二年再建八〇七 文明八年再建一四七六 天正十七年藤原利勝拝殿寄進一五八九 嘉永七年再建一八五四
 例大祭 五月十五日 神幸祭(旧)六月二十一日~二十三日
 新嘗祭 十二月一日 祈年祭 二月二十五日』

 こちらには書かれていないが、ググってみると、大己貴命と宇賀魂命、市杵嶋姫命、須佐之男命、皇産靈命、熊野加夫呂岐命、彦狹知命が配祀神として祀られているそうだ。また、境内社として高龗命を祀る御龍社と大物主命を祀る琴平神社があるそうなので、先程の琴平神社の裏にあった石祠が御龍社なのだろう。
 しかし、いきなり同年七月に村名を改称したとか言われても、その前に何年か書かれていないのだから判らんわな。
IMGK6432s.jpg
 社殿裏に…なんだかよく判らないけど石仏。如意輪観音かな?
IMGK6456s.jpg
 一の鳥居の横には忠魂碑。

大宮神社(美浦村土浦)

IMGK6299s.jpg
 茨城県稲敷郡美浦村で行われた陸平縄文ムラまつりに行って来たと言うことは先日のエントリーでも書いたけれど、その会場である陸平貝塚の奥へと歩いて行くと、大宮神社がひっそりと鎮座ましましている。
IMGK6309s.jpg
 鳥居。
 さすがに祭の日にこちらの方へ来る人はいないのか、会場から然程離れていないのに静かなものだ。
IMGK6315s.jpg
 拝殿。
IMGK6318s.jpg
『大宮神社
 大宮神社は、旧信太庄安中二十四ヶ村の総鎮守で、御祭神は天照皇大神、日本武尊、天太玉命の三柱が祀られています。
 伝承としては白雉元(650)年の創立を伝え、生田長者満盛が氏神として創建し、伊勢大社の分霊を奉斎したこと、その後奈良時代に、その姓名が安中という地名の由来になったとも言われる安倍仲成が、朝廷の勅許を得て正式に勧請し、安中二十四ヶ村の総鎮守になったことなどが伝えられています。
 記録によると、天承二(1575)年と、元禄四(1691)年に社殿の再建が行なわれています。その後、大正九(1920)年の台風により社殿が倒壊したため、翌十年に再建されていますが、現在でも古材を含め再建前の旧状をよく留めているといわれます。現存の本殿は桁行三間、梁間三間の本体に回縁が設けられた規模の大きなもので、村内最大を誇ります。特に本殿の妻飾りは独創的なもので虹梁の唐草分文や頭貫木鼻・組物の拳鼻などの彫刻は、元禄時代特有のものです。このような建築細部の様式から、江戸時代に常陸国を中心に活動し、成田山新勝寺の三重塔などをつくった我が国を代表する宮大工・桜井氏一門の作事によると考えられています。
 平成十三年三月』
IMGK6322s.jpg
 左端は松尾大神。
IMGK6331s_20101030142500.jpg
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード