香取神社(村岡)

IMGS3671s.jpg
 真言宗豊山派満徳寺に隣接して鎮座する村岡香取神社(下妻市村岡1034-1)。
 先月末頃は神社前の茨城県道56号つくば古河線が舗装工事を行っていた為参拝できなかったが、さすがにもう工事は終了していた。神社西隣の村岡集落センターに駐車可能。
IMGS3679s.jpg
 一の鳥居と二の鳥居。
IMGS3705s.jpg
 拝殿。
IMGS3681s_201401131354196fa.jpgIMGS3682s.jpg
 平成十一年(1999)十二月造立の狛犬。
IMGS3688s2.jpg
『香取神社 法人(旧村社)
鎮座地  千代川村村岡一○三四の一(旧同郡大形村)
祭神   経津主命、大日霊尊、誉田別尊
境内神社 天満宮(菅原道真公)
祭祀例祭 十一月十五日
由緒沿革 創立不詳。大正十二年(1923)一月十一日供進指定村社となる。
     昭和二十七年(1952)年九月一日宗教法人設立。
施設   社殿 破風造間口三間 奥行五間一五坪。鳥居
境内   一二三二・七三坪
氏子   八五戸。崇敬者 五一○人
平成九年二月吉日建之』
IMGS3697s_20140113141249260.jpg
 境内社。天満宮と八幡社・神明社。
IMGS3694s.jpg
 教育勅語渙発百十周年記念碑とその後ろに天満宮。
スポンサーサイト

稲荷神社(村岡)

IMGS3269s_201312231928041df.jpg
 村岡柴崎古墳一号のすぐ東側に位置する村岡柴崎古墳二号墳頂に鎮座する稲荷神社(下妻市村岡686-1)。
『下妻市指定文化財 史跡 村岡柴崎古墳二号
 所在地 下妻市村岡六八六番の一
 面 積 1,195平方メートル
 この前方後円墳は形のよく保存されたもので、五世紀前半頃につくられたと考えられる。頂上には稲荷神社をまつり、郷土の人々によって長い歴史の間守り続けられて来た』
IMGS3275s.jpg
 稲荷神社。
 大正九年(1920)一月一日の建立。

 この後は村岡香取神社に向かうつもりだったのだが、神社前の県道56号線が舗装工事中だった為、今回はパス。

浅間神社(村岡)

IMGS3259s.jpg
 村岡柴崎古墳一号墳頂に鎮座する浅間神社(下妻市村岡686-2)。
『下妻市指定文化財 史跡 村岡柴崎古墳一号
 平成二年十月八日指定
 所在地 下妻市村岡六八六番の二
 面 積 1,722平方メートル
 この前方後円墳は形のよく保存されたもので、五世紀前半頃につくられたと考えられる。頂上には浅間神社をまつり、郷土の人々によって長い歴史の間守り続けられて来た』
IMGS3250s.jpg
 以前はもう三基の鳥居があったのだろうか。
IMGS3255s.jpg
 浅間神社。
 背面には明治三十八年(1905)一月建之と刻まれている。
IMGS3240s.jpg
 東から。
IMGS3265s.jpg
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード