諏訪雷電神社(神明一丁目)

IMGS8255s_20160405220302565.jpg
 JR高崎線第二町谷踏切の傍に鎮座する諏訪雷電神社(桶川市神明1-1-33)。
DSCF6266s.jpg
『雷電社 御由緒
桶川市神明1-1-33
□御縁起(歴史)
 中山道の桶川宿の南に位置する町谷には、「風土記稿」町谷村の項に「雷電社 村の鎮守なり、村民の持」「諏訪社 元禄十五年(1702)勧請の棟札あり、持前に同」と記されているように、雷電・諏訪の二社が祀られていた。そのうち雷電社の境内は、町谷の南端に当たる下宿の高台にあり、諏訪社の境内は北部の上宿にあった。
 この両社は、共に町谷の人々から信仰されてきたが、明治四十年六月十一日、政府の合祀政策に従い、無格社の諏訪社はその境内社の稲荷社と共に村社である雷電社に合祀された。この合祀に伴い、雷電社は諏訪社の境内に移ることとなったが、諏訪社は小さな祠であったため、そこに村社にふさわしい社殿の新築や境内の整備を行った上で、明治四十一年十月十日に移転を実施した。ちなみに、この社殿の建設用材は、雷電社境内の杉を製材したものであった。当社のことを「お諏訪様」と呼ぶ人があるのは、当社の境内が元来は諏訪社の境内であったことによるもので、雷電社の元地は「雷電跡」と呼ばれている。
 こうした合祀・移転といった動きの際に、古い資料等は散逸してしまったらしく、当社には合祀以前の記録は残っていない。本殿には、雷電社の幣束と諏訪神社の神璽筥が安置されているが、この神璽筥の背面にある「明治四拾弐年壱月拾九日移転」の墨書から、実際に移転が完了したのは書類上の日付よりやや後のことと思われる。
□御祭神と御神徳
 別雷大神・・・厄除け、雷除け、豊作祈願
□御祭日
 元旦祭(一月一日) 春祈祷(三月二十五日) 祭礼(四月十五日)
 新嘗祭(十一月二十三日) 大祓式(十二月十八日)』
IMGS8223s.jpgIMGS8222s_2016040522030085a.jpg
 台湾産っぽい感じの狛犬。
 台座には2001年4月吉日と刻まれている。
IMGS8247s_20160405220301af9.jpg
 拝殿。
IMGS8243s_20160405220259806.jpg
 拝殿前の白玉石の中に謎のハートが。
IMGS8264s_20160405222925957.jpg
 社殿を東から。
IMGS8235s.jpg
 末社殿。
 左は石神社(祭神 手力雄命)。右は天神社(祭神 菅原道真公)。

 以上で4月2日参拝分終了。
 使用機材はK-5IIsにFA28mmとDA35mm Macro、FA50mm F1.4、DA70mm。X30。
 この後は大宮まで行って新刊を購入し、昼食を摂ってから帰宅。当初は桶川駅北側の稲荷神社や若宮神社も参拝する予定だったのだが、気が削がれたと言うかなんだかもう色々と面倒臭くなってしまったので、また次の機会でいいやと。
スポンサーサイト
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード