免鳥町星宮神社

IMGP9338d_20080812165619.jpg
 上羽田八幡宮北の道から県道223号線へと入って北上、日下野商店前で右折して250m程も走ると左手側に星宮神社が見えて来るのだが、駐車場は無いのでやむなく神社前に路駐。
 星宮神社は場所によって祭神がまちまちなのが困るが、こちらの御祭神は天香々背男命。
IMGP4744k.jpg
 鳥居をくぐって左手側に富士塚。浅間神社と思われる石祠の手前右側には大天狗と小天狗を左右に従えた小御岳大神。左側には食行霊神。
IMGP4753k.jpg
 参道途中左手側、鳥居跡と思われる石柱と額。
IMGP4749k.jpg
 拝殿。
IMGP4768k.jpgIMGP4774k.jpg
 狛犬。顔が大きい割に目が中央に寄っているせいか、あまり威厳が無い・・・。
IMGP4784k.jpgIMGP4777k.jpg
 横から見ると強面なんだけどなぁ。
IMGP4754k.jpg
 拝殿左側に境内社。
IMGP9335d.jpg
 中には朱塗りの祠が三つ。が、何れの神様を祀ったものなのかは不明。
IMGP4759k.jpg
 脇に有る小さな石祠は正一位稲荷神社。
IMG_5521g.jpg
 本殿。
IMGP4761k.jpg
 拝殿右手側に佇む石碑。・・・で、山田公寛って誰よ?

 これで8月10日参拝分終了。
スポンサーサイト

上羽田町愛宕神社

IMGP4733k.jpg
 八幡宮の南東150m程の距離にある愛宕神社。実は、探すのに少し手間取った。と言うのも周囲は住宅地で、ミョーに馴染んでいるこの建物が神社であるとは思わなかったからだ。
IMGP4729k.jpg
 左手側にちょこんと鎮座する謎の石祠。神社、の文字は読み取れるのだが、肝心のその上の部分が削れてしまっていて判らなくなっている。

上羽田八幡宮

IMGP9324d.jpg
 二柱神社を参拝した後、来た道を戻り上羽田町の八幡宮へ。
 鳥居の手前左側に一台だけなら車を置けそうなスペースがあるのだが、既に置かれていたので隣にある竜西院の壁際に駐車。
IMGP9326d.jpgIMGP4670k.jpg
 鳥居をくぐってすぐ右手側に大きな欅が伸びている。
IMGP4677k.jpg
 左手側には手水舎と・・・祭具殿かな?
IMGP4686k.jpg
 欅の向こうにはブランコと神楽殿。
IMGP4680k.jpg
 参道をまっすぐ進むと拝殿。
IMGP4699k.jpgIMGP4691k.jpg
 狛犬。・・・なんでこんなにロンパリなんだ。
IMGP4723k.jpg
 本殿。
IMGP9330d.jpgIMGP4700k.jpg
 本殿裏にはからっぽの覆い屋と戦没者慰霊碑。
 覆い屋の左から伸びている道を進んで行くとお墓があるのだが、大きな石碑に永井家奥津城と刻まれていたので神道式のお墓なのだろう。こちらにも明都彦命だの大刀自明都姫命とあったので、足利の八坂神社天満宮にあったものも阿由葉家のお墓だったのかも。
 こちらには他にも?(雨冠に鵤。もしかしたらかも)見八亀霊と刻まれた石碑や秡戸神と刻まれた石祠があったのだが、情報不足によりよく判らない。
IMGP4706k.jpg
 戦没者慰霊碑の右側から先には階段があり、その先に境内社。周辺にもこんもりと盛り上がった所があったので古墳かなと思って調べてみたら、道場塚古墳という古墳だった。直径は約30mで高さは6mの円墳だそうだ。
IMGP4709k.jpg
 階段途中右手側、伊勢太々御神楽と刻まれた石碑が草に半ば埋もれるように立っている。
IMGP4712k.jpg
 額が無いので確証は無いのだが、パターン的には浅間神社かな?
IMGP4720k.jpg
 階段途中から境内を一望。

二柱神社

IMGP9297d.jpg
 50号に戻って下羽田町交差点で左折、そのままずっと北上して並木町まで走って行くと右手側に旗川小学校が見えて来るので、その先の信号で右折するとすぐ左手側に見えて来る。二台くらいは置けそうな駐車エリアがあるのでそちらに止めて参拝。
 ・・・実を言うと、今日はここを参拝する予定は無かったのだよね。道を一本間違えてしまって、結果としてここに到着しただけのことで。
IMGP9319k.jpg
 1枚目の写真では看板に隠されてしまって判り難いが、こちらの神社は県の文化財に指定されているらしい。
IMGP9301d.jpgIMGP4636k.png
 こちらの御祭神は高皇産霊神(タカムスビノカミ)と神皇産霊神(カミムスビノカミ)の二柱だそうだが、かつては聖天宮だったと言うことは歓喜天を祀っていたのだろうか? ・・・あぁ、だから「二柱」なのか。それなら伊弉諾尊と伊弉冉尊でも良さそうなものだが、高皇産霊神と神皇産霊神にしたのはなぜなのだろう。天之御中主神ほったらかしですかー。
 ちなみに聖天宮を移された安楽寺だが、そちらは佐野七福神の一つであり、恵比寿神がおられるそうだ。本尊は知らないけど。
IMGP4668k.jpg
IMGP4646k.jpgIMGP4651k.jpg
 狛犬。
IMGP4664k.jpgIMGP9308d.jpg
 拝殿のあちこちに見事な彫刻が施されているが、本殿の方はもっと凄かった。
IMG_5508g.jpgIMG_5509g.jpg
IMG_5511g.jpgIMG_5517g.jpg
 瑞垣には金網が張られていて一眼で撮影するのは正直しんどいが、コンパクト機ならレンズは小さいし、望遠側なら金網も写り込まないぜってことで、便利だなぁ。
 この彫刻は春秋時代の故事に基づいたものだと言うことだが、はて、なんじゃろう?
IMGP4642k.jpg
 鳥居から伸びる参道を外れて右の広場へ行くと、糸目なおじさんの絵が刻まれた石碑があるのだが、これ、なんだろう? 道教関連のような感じだけど。
IMGP9302d.jpg
 境内の端に位置する忠魂碑。

雀神社

IMGP9246d.jpg
 国道50号線足利バイパスを東に向かい、渡良瀬川大橋を渡って一つ目の信号で左折した後に一つ目の十字路を左折、そのまま突き当たるまで直進し、突き当たったら道なりに南下して行くと見えて来る。神社前の道は細く、車一台分の幅しかないので対向車が来なくて良かった。
IMGP9291d.jpg
IMGP9260d.jpgIMGP9259d.jpg
 狛犬。右手側の阿像は下顎部分が無くなってしまっているが、笑顔のようにも見える。この場合、ユーモラスだと言えばいいのか痛々しいと言えばいいのか・・・うむぅ。
IMGP9287d.jpgIMGP9263d.jpg
 通常、扁額の掛けられている部分には由緒書きが掛けられていた。太田市植木野町にある雀神社は大貴己命と少彦名命を祀っていたが、これによると、こちらに祀られているのは豊城入彦命であるようだ。また、「本社は旧くは南向きに位置し、境内地も現渡良瀬流域に及ぶ広大なものであった」とあるので、渡良瀬川の氾濫などを「鎮め」るために創建された神社であったのではないだろうか。つまり、「鎮め」→「雀」の転化じゃないかなと。
 余談だが、この辺り一体に見られる赤城神社の多くは豊城入彦命を祀っているそうだ。
IMGP9265d.jpg
 本殿裏左手側には末社や御神輿を納められているのだが、どなたが祀られているのかは不明。
IMGP9269d_20080810215335.jpgIMGP9270d.jpg
 左端は御稲荷様なんだろうとは思うけど。
IMGP9272d.jpgIMGP9275d.jpg
 本殿裏手に並ぶ末社群。左端は正一位稲荷大明神とあったが、残り二つは不明。右の写真は左の小さな方が住吉大明神。右は不明。
IMGP9280d.jpgIMGP9285d.jpg
 不明。
IMGP9254d.jpg

二柱神社

IMGP4619k.jpg
 先程越えた踏切を再び西側へと渡り、福居駅前の細い道を西側へ300m程も進むと右手側に見えて来る。県道128号線と152号線の交差する八木宿交差点を北へ150m程行った所にある十字路を東に向かっても行けるが、こちらはあまり広くない道のくせに交通量が多めなので自動車で移動する場合には困る。今回は自転車なので関係無いけど。
IMGP4631k.jpg
 二柱神社、と言う事は祀られている神様は二柱なのだろうけど、いったいどなたが祀られているのだろうか。会社の先輩がこの神社では11月に恵比寿講が行われると言っていたので、恵比寿神が祀られているのは確かなのだろうけど。
 西宮町にある西宮神社も恵比寿神を祀った神社だが、あちらは事代主命と蛭子命の二柱だからこちらもそうである可能性はある。が、少し気になったのは賽銭箱と棟木に付いている三つ巴の神紋。これがあると言うことは武神が祀られている・・・? そう言えば事代主神と建御名方神は兄弟だし、もしかしたら建御名方神が祀られている可能性もあるかな。
IMGP4628k.jpg
 敷地の広さはそれなりにあるのだが、境内社などは見当たらず、なんとなく物足りない。

 これで8月2日参拝分終了。
 母衣輪神社も参拝したかったのだが、お子様が何人も走りまわっていたのと、夏祭りにでも使うような建材らしき物が鳥居の前に詰まれていたので今回はパス。

飯有神社

IMGP4528k.jpg
 福居駅の北西にある踏切を渡って東へ進むとすぐ先に見えて来る。隣家を挟んで左にある駐車場には充分なスペースがあるが、自分以外の参拝者は見かけなかった。
IMGP4534k.jpg
 飯有(いいあり)は稲荷の転化で、こちらは稲荷神かなと思っていたのだが、祭神は伊弉諾尊・伊弉冉尊で、配神に五十猛命と大雷命がいらっしゃるそうだ。
IMGP4572k.jpgIMGP4578k.jpg
 狛犬。機械加工の角張った感じは面白くないが、歌舞伎役者のような表情は面白い。
IMGP4610k.jpg
 扁額。
IMGP4582k.jpg
 拝殿右側にある物置手前に鎮座している石祠。秋葉社、と書いてあるように見えた。
IMGP4538k.jpg
 本殿右側に笠間稲荷神社。
 奥に見える高架は国道50号足利バイパス。なので、背の高い車であれば佐野方面から太田方面へと向かう際にちらりとではあるが飯有神社を上から見ることができる。
IMGP4546k.jpgIMGP4543k.jpg
 稲荷神社らしく、狛犬ではなくお狐様が。
IMGP4551k.jpgIMGP4540k.jpg
 祠にも小さな陶器の狐がいるが、その右側にはお狐様がみっちりと。
IMGP4558k.jpgIMGP4555k.jpg
 その左右にもお狐様。こちらは損傷が酷い。
IMGP4552k.jpg
 鼻先の損傷したお狐様の隣にも石祠があったのだが、こちらがどなたを祀っているのかは不明。
IMGP4613k.jpg
 本殿左側に移動して、ほぼ一列に並ぶ境内社。
IMGP4604k.jpgIMGP4598k.jpg
 左端、額に刻まれた一文字目の「天」以外は文字が削れていたが、おそらく天満宮? もし右から読むのだとしたら三文字目が天になるので判らなくなってしまうが。
 その右にある石祠も一文字目と三文字目が半ば崩れかかっていたが、「宮間浅」に見えたので浅間宮で合っていると思う。
IMGP4592k.jpgIMGP4587k.jpg
 小さな石祠が一つと木造の祠が二つ。いずれも名を記したものが無いので不明。こちらのいずれかが五十猛命なり大雷命なりであるのかも。

上渋垂町諏訪神社

IMGP4522k.jpg
 赤城神社の北東に東光寺があり、その入口の左側に諏訪神社古墳がある。この辺りの古墳群の一つで、形状は方墳であるそうだ。
IMGP4520k.jpg
 石造りの神明鳥居と石燈篭。木々が生い茂っている為に薄暗い。
IMGP4513k.jpg
 木造の祠と覆い屋は半ば崩れかけており、周りの薄暗さもあってかちょっと不気味。
 三つ巴の神紋は武芸に関連した神によく使われていることなので、八幡宮か鹿島神社あたりだろうと思っていたのだが、帰宅してから調べたら諏訪神社だった。諏訪神社なら祭神は建御名方神だろうから、武芸の神で間違いはないな。そう言えば、先程参拝した赤城神社にも左三つ巴の神紋がついていたが、赤城神社って武門の神だったっけ?

上渋垂町赤城神社

IMG_5494c.jpg
 福居駅の南東を走る県道128号線沿いに見える案内標識から南下して行くと左手側に赤城神社が見えて来るが、もう少し進んで突き当たった辺りが入り口。
IMGP4435k.jpg
IMGP4441k.jpg
 御厨神社とは違い、こちらはお寺のような外観の拝殿
IMG_5489c.jpgIMG_5488c.jpg
 狛犬。
IMG_5487c.png
 赤城神社なのに、なぜか主祭神は赤城大明神ではなく磐裂命。一体どういう繋がりがあると言うのやら。
IMGP4456c.png
IMGP4494k.jpg
 百足の彫刻は見当たらなかったが、本殿の壁面には様々な彫刻が施されていて、見ているだけでも楽しかった。 しかし、赤城神の化身の百足、と書いてあるのだから、こちらの神社では赤城大明神を祀っていそうなものなのだがなぁ。
IMG_5463k.jpgIMG_5485c.jpg
IMG_5476c.jpgIMG_5481c.jpg
 一眼ではレンズが瑞垣を通れないのでG7で撮ってみたり。こう言う時にコンパクト機は便利だ。
IMGP4463k.jpgIMGP4466k.jpg
 本殿の裏にちょこんと鎮座する石祠とお休みモードな狛犬。
 石祠の額には「冨??」とあるが、どんな神様を祀ったものなのかさっぱり。太田市の御霊神社にも同じようなものはあったので、この辺りだけのローカルなものではないと思うのだが。
 ちなみにこの石祠のある所は円墳になっており、この辺りの古墳群の一つであるそうだ。
IMGP4501k.jpg
 参道の途中左側、狛犬の手前に稲荷神社。
IMGP4473k.jpgIMGP4496k.jpg
 参道の途中左側、狛犬の向こうに大神宮。左奥に見えるのは稲荷神社。
 大日孁命が大神宮、豊受媛命が稲荷神社であるとして、埴山姫命はどこに祀られているのだろう。まさか、先程の石祠が・・・?

福富町御厨神社

IMGP4334k.jpg
 足利工業大付属高校の前を走る南大通り(県道40号線)沿いにあるセブンイレブン脇の道を北へ200mちょい程進むと右手側に見えて来る。駐車場と呼べるほど大きく無いが数台なら置けそうなスペースが写真の左側にある。尤も、この時は自転車で移動していたので気にする必要も無かったのだけど。
 足利には小曽根町と島田町、そしてこの福富町に計三つの御厨神社があるのだが、最も知名度の高いのがここ。規模としては小曽根町の方が大きいのだが。
IMGP4338k.jpg
 ここの方が有名なのは民俗文化財に指定されている御筒粥と御田植という神事のせいかな?
IMGP4405k.jpgIMGP4348k.jpg
 拝殿前、参道途中の左手側にある神楽殿と石塔。
IMGP4413k.jpgIMGP4416k.jpg
 拝殿前には狛犬が。
IMGP4403k.jpg
 拝殿正面から。さすがは天照皇大神宮とだけあって神明造になっている。
IMGP4396k.jpgIMGP4367k.jpg
 斜めから。こうして見るとかなり立派な造りであることが判る。
IMGP4430k.jpgIMGP4360k.jpg
 こちらは豊受大神宮。豊受媛神は稲荷神として祀られることも少なくないが、こちらでは隣の天照皇大神宮の外宮になっている。
IMGP4359k.jpgIMGP4356k.jpg
 こちらにも狛犬。
IMGP4425k.jpg
 反対側へと廻り、内宮の左側にある小さな塚の上には浅間神社。この写真では判り難いが左側の草叢からちょこんと頭を出している石碑には磐長姫と刻まれている。
IMGP4386k.jpg
 更にその左側に並ぶ末社群。
 右から二番目が八幡宮。その二つ左、?満宮とあったので天満宮かも。その左は疱瘡神、その隣二つは共に八坂神社。残りは不明。
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード