吉沢町赤城神社

IMGP9497k.jpg
 316号線を南下し、太田リサーチパークの西側にある赤城神社へ。
IMGP9482k.jpgIMGP0615s.jpg
 落石注意どころではない危険っぷりのようだが、とりあえず本殿前まで行って参拝。本殿自体は色も鮮やかでわりと立派。
IMGP0617s.jpgIMGP0616s.jpg
 左奥側に四つの末社。
 左端の石祠の額には八王子と朱文字で刻まれている。素盞嗚尊の八王子を祀っているのか、あるいはこの辺りが八王子山脈だからなのか。その右の石祠には額は無かったが、拾貮倉神という文字が刻まれていた。十二倉神? いったいなんだろう。
 更に右、二つ並んだ石祠にはなにも刻まれていなかったので不明。
IMGP9491k.jpg
 岩の下から八王子社を覗いて見る。この岩の上は岩神山と呼ばれているらしいが、もしかしてこの岩山自体が御神体だったりするのだろうか?
スポンサーサイト

吉沢町加茂神社

IMGP9477k.jpg
 八坂神社より西に向かうと、県道316号太田桐生線にさしかかる手前に見えて来る。神社と言うよりは蔵のようにも見える。
IMGP0614s.jpg
 扁額には加茂祠の文字が。
IMGP9471k.jpgIMGP9466k.jpg
 拝殿の裏には木造の祠。稲荷・・・なのかなぁ。

吉沢町八坂神社

IMGP0603s.jpg
 渡良瀬川河川緑地公園より桐生バイパスを渡って西側にぽつんと建っている八坂神社。
IMGP0607s.jpg
 扁額が無かったら神社だとは判らなかったかも。
IMGP0608s.jpg
 宝珠紋もあることだし、こちらは稲荷社だろう。

伊勢神社

IMGP9372k.jpg
 今更と言う気がしないこともないけれど、初詣も兼ねて伊勢神社へ。足利市内に神明宮は数多くあるけれど、伊勢神社はここ一つのみ。
IMGP9414k.jpg
 木造の鳥居をくぐると、右奥へと参道が伸びている。参道の途中には由緒書きが設置されているのだが、ガラスが反射して撮影するのに厄介。
 由緒書きによれば、こちらの神社は天照皇大神を主祭神とし、外宮に豊受皇大神、末社に月読命をお祀りしているそうだ。福富町の御厨神社にも天照皇大神宮と外宮の豊受大神宮があったが、あちらでは月読命は祀られていなかったな。
 平安時代中期(1150年代)に足利庄伊勢宮として創建され、大正十四年(1925年)に火災で焼失したが昭和四年(1929年)に新築。その際に伊勢神社と改称し、村社に列したそうだ。
 例大祭は七月十七日、春季例祭は四月十七日、秋季例祭は十月十七日。
IMGP9409k_20090111193209.jpg
 拝殿。
 ここで左に向かうと社務所と駐車場。右へ向かうと外宮へと続いている。
IMGP0528s.jpg
 外宮に向かう途中に大黒様。由緒書きには記されていなかったが、大国主命も祀られているのだろうか。かなり変な位置に鎮座されておられるのだが。
IMGP0517s.jpg
 奥に見えるのが豊受大神宮。
IMGP9399k.jpg
 豊受大神宮の左に月讀宮が並んでいる。
IMGP9390k.jpg
 末社とは言え、ちゃんと鳥居が建てられている。・・・あれ? 豊受大神宮の方には鳥居は無かったような。
IMGP0526s.jpgIMGP9394k.jpg
 月讀宮の後ろに六つ、左側に少し離れて一つ、計七つの末社が見えるが、これらは一体どなたを祀ったものなのだろう。
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード