四所神社秋季例祭

IMGK3672s.jpg
 今日は朝倉町三丁目にある四所神社の秋季例祭。こちらには昨年十一月末に参拝したきりなので、およそ一年ぶりくらいになるか。
IMGK3728s.jpg
 さすがに例祭日ともなれば拝殿が開放されている。
IMGK3680s.jpg
「足利市重要文化財(建造物)
 四所神社本殿 一棟
 形式は二間社流造、柿葺の屋根をもち、平面は間口二間、奥行一間である。正面扉の内部に、三重伊勢神宮の大日霎貴命、福岡香椎宮の足仲彦命、福岡宗像神社の市杵島姫命、島根出雲大社の大己貴命の四柱の神が祀られており、古来より朝倉集落の守護神として人々の信仰を集めてきた。四枚の扉の内側には、それぞれ登り龍と下り龍、鯉の滝登りと滝下りの絵画が描かれている。向拝柱には獅子と獏の木鼻がつき、斗栱の上には牡丹模様の手挟みが置かれている。彩色は柱や梁などにはベンガラ、壁などの彫刻部分には極彩色を施しているが剥落が激しい。彫刻は正面向拝のまぐさの上に龍、母屋の壁に人物及び花鳥を題材にした透かし彫りがる。また、南北に脇障子を持つが南側は欠失している。
 本殿は、覆屋に覆われ、その前面には幣殿及び拝殿がとりついており、現在の社殿は弘化四年(一八四七)に再建されたものと考えられる。
 足利市内に残る社殿の中では比較的大きく立派であり、各種の彫刻も立体的で丁寧な造りになっている。江戸後期の典型的様式を示す社殿として、また朝倉町に生きる人々の信仰の歴史を表すものとして貴重である。
  平成十九年三月二十二日 指定 足利市教育委員会」
 この案内板は去年参拝した時には無かったから、最近設置されたものなのだろう。本殿の彫刻などは前回を参照のこと。
IMGK3720s.jpg
 祭りの実行委員らしき人に許可を頂き、拝殿に上がらせていただいて撮影。
IMGK3723s.jpg
 幣殿と、その奥に本殿。
IMGK3711s.jpg
 拝殿の壁には御祭神や由緒沿革を記した額が掛けられている。
「四所神社
鎮座地    足利市朝倉町壱番地
境内地坪数 壱千九百九拾坪
御祭神    大己貴命 大日霎貴命 足仲彦命 市杵島姫命
神階     正一位
祭神の御神徳記
 大己貴命  御別名を大國主命と申し奉り出雲大社の御祭神なり
         國土を拓き農耕の道を教え産業を奨め医薬の術を授け温泉を開きて
        庶民の病苦を救い功徳偉大にして国土経営の主神又縁結びの神として
        広く尊崇される大神様である
 大日霎貴命 御別名を天照大御神と申し奉り伊勢神宮の御祭神なり
         高天原という神の國を主宰された最高至貴の大神でこの地上のあらゆるものに
        御光(おかげ)を授けかけて下さる大神様であり皇室の御祖神であらせられる
 足仲彦命  御別名を仲哀天皇と申し奉り福岡の香椎宮の御祭神なり
         九州に赴かれ熊襲を征討し新羅征伐の中途崩御され天皇に代って大后神功皇后
        が三韓を親征され大陸文化の輸入の端緒を開き日本文化の基礎を打立てられた文
        武の大神様である
 市杵島姫命 広島の厳島神社の御祭神なり
         古くから海上安全商売繁盛の守護神として信仰をあつめ中世には七福神のうちの
        弁才天にたとえられ水の神芸能の神として庶民の信仰あつい大神様である
由緒沿革
 御創建は上古にして詳ではないが第十五代応神天皇の御宇渡良瀬川の北岸朝倉郷の集落に守護神として四所大明神を奉斎したものと云われる
 花崗岩鳥居は寛政年間に建立し扁額に正一位四所大明神とある
 文化四年御社殿を再建したるも文政十二年三月十二日社殿悉く焼失し翌天保元年再建する
 明治六年四所神社と改称し村社に列せられる
 昭和二十一年二月一日に太平洋戦争の結果占領軍の神道指令により神社が国家管理を離れ昭和二十一年宗教法人令に基き設立登記をし昭和二十七年宗教法人法による設立登記によって独立するに際し当社は伊勢神宮を本宗とする神社本庁に属し宗教法人として確立する
 昭和三十九年拝殿を改築して今日に至る
    皇紀二千六百四十一年
    昭和五十六年四月十二日」
 …おや? 拝殿前の案内板には市杵島姫命は福岡の宗像神社から勧請したように書かれているのに、こちらでは広島の厳島神社になっているな。
IMGK3732s.jpg
 神楽殿の前に椅子が並んでいるのでお神楽も奉納されるのかと思ったが・・・へ? 奉納演芸大会? 演歌歌手らしきポスターも貼られていると言う事は、つまりそういうことか。

 時間が早かったのか、人出はあまり無く、殆どの人は社務所兼集会所に入っているようだった。
 参拝後は近くにある文真堂書店で乙嫁語りの一巻と這いよれ!ニャル子さんの三巻を買って帰宅。

IMGK3739s.jpg
 福居町の鹿嶋神社でも秋季例祭が行われていたようだが、特に何かある様子でもなかったので、脇を通り抜けるだけでスルー。

 現在はPhotoshopElementsが入っていないのでPDCU4を使ってみたが、トロいなぁこれ。従来のPPLよりはマシな操作系にはなったけど、相変わらず画像に反映されるまでの時間が長い。回転機能やシフト機能は便利なんだけどなぁ。
スポンサーサイト

地蔵院

IMGK3621s.jpg
 本日最後は百頭町にある真言宗豊山派愛宕山地蔵院。
 こちらには平将門の弟である御厨三郎こと平将頼の墓があると言うことなのだが・・・あれぇ? 裏手に回ってもそれらしきものはなく、普通のお墓だよ? と思い北の方へと目を遣れば・・・あ、田圃の中にも墓地がある。そう言えば、さっき地蔵院の五輪塔って看板があったっけ。そうか、あっちか。
 ところで愛宕山地蔵院ということなので、境内に愛宕神社でもないかと期待したのだが・・・無かった。
IMGK3629s.jpg
 六地蔵。
IMGK3647s.jpgIMGK3656s.jpg
 五輪塔。
 周囲は普通のお墓なので、誰もいないのになんとなく謝ってしまう。できるだけ早く撮影を済ませて撤退。

 本日の使用機材はK-7にDA15mmとDA40mm。カスタムイメージは雅を使ってみたが、うむ、CTEと組み合わせなければド派手な色彩になることはないようだ。
 さて、amazonからVistaが届いたのでOSの入れ替えをしようと思うのだが、現在レタッチなどに使っているPhotoshopElements3.0ってVistaには対応していないのだよね。今月22日にElements8.0が発売されるのでそれに乗り換えかな。すると、それまでレタッチソフト無しか・・・。

水龍大権現

IMGK3616s.jpg
 ようやく勝光寺に到着。
IMGK3609s.jpg
 本堂。
IMGK3592s.jpg
 本堂と観音堂の間を進んで行くと、今回の目的である水龍大権現社へ。
IMGK3594s.jpg
 こちらには弘法大師にまつわるエピソードがあるのだが、それを記載していた足利大師会のサイトが無くなってしまったので困ったなと思いきや、以前Wristletさんがこちらにも参拝されていたことを思い出し、旧サイトの方を覗いてみたら・・・BINGO!
 えー、弘法大師が病にかかり休んでいたところ、一匹の蛇が現れて薬草を大師に与えたので病から回復。大師はそのお礼として、住処が無くて困っていた蛇の為に井戸を湧かせ、それを蛇の住処として与えて水龍大権現と名付けたお堂を立ててこれを祀った、とのこと。
IMGK3598s.jpg

十二祖神社

IMGK3582s.jpg
 次は勝光寺を目指すつもりだったのだが、大体あのへんにあった筈と思いながら移動していたら・・・迷った。帰宅してから地図を見たら凄く簡単なルートがあったのだが、なぜ見落とすかな○刀乙
 でもまぁ、そのおかげで地図に記載されていない神社が見つかったのだから、いいか。
IMGK3587s.jpg
 祠の裏にある石碑には十二祖神社と彫られているが、これはこの石碑が十二祖神社なのか、それとも祠が十二祖神社なのか、判らない。それと、十二社ではなく十二祖であるのも少し気になる。十二柱の神々を祀っている、と言うわけではないのだろうか?

IMGK3570s.jpgIMGK3550s.jpg
 その他、この近辺にあったものの、どなたを祀っているのかさっぱり判らない神社。
 ちなみに、祠の脇はゴミ集積場になっていた。
IMGK3562s.jpg
 庚申塔とお地蔵様。

梁田招魂社

IMGK3517s.jpg
 福富町交差点から南下して行くと東側に梁田公民館があり、その駐車場脇に招魂社がある。こちらは梁田戦争で戦死された方々を祀っているのだろう。
IMGK3523s.jpgIMGK3535s.jpg
 参道脇に弾痕の松。
IMGK3526s.jpg
 祠。
IMGK3530s.jpg
 狛犬・・・? 足利学校の孔子像前にあるものと似ている。

普門寺

IMGK3458s.jpg
 御厨工業団地の間を走る県道40号線を東へ走って行くと、福富町交差点に差し掛かる手前に真言宗豊山派鹿島山普門寺がある。
 こちらは以前エントリーを立てた鹿島神社に隣接している。山号から見ても、明治以前は鹿島神社がこちらの普門寺の管理下にあったのだろう。
IMGK3453s.jpgIMGK3474s.jpg
 境内に入ってすぐ左側には石仏が並んでおり、青面金剛の奥に鹿島神社の鳥居が見える。
IMGK3449s.jpg
 石仏や庚申塔の向こうは鹿島神社。
IMGK3445s.jpg
 石仏の他に、宝篋印塔も建てられている。
IMGK3480s.jpg
 本堂の脇に石祠が鎮座しているが、お稲荷様だろうか。
IMGK3437s.jpg
 こちらは鹿島神社。
IMGK3441s.jpg
 前回参拝した時には気付かなかったが、境内社が並んでいる。しかし、大黒様以外はどなたを祀ったものなのかは不明。
IMGK3505s.jpg
 普門寺から40号線を東へ向かい、福富町交差点に当るとその脇に耳だれ地蔵尊がある。普門寺からは少し離れているが、しかしこちらの地蔵堂も普門寺の管理下にあるようだ。
IMGK3493.png
 市の重要文化財に指定されているそうだ。
IMGK3498s.jpg
 こちらの仏様も穏やかな顔付きをしている。
IMGK3489s.jpg
カレンダー
09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード