天祖神社(目白五丁目)

IMGS6648s_201602091952218cf.jpg
 南長崎一丁目交差点の150m程北東、首都高中央環状線傍に鎮座する天祖神社(豊島区目白5-7-14)。
DSCF6043s.jpgDSCF6033s.jpg
 狛犬。
DSCF6049s.jpg
 拝殿と境内。
DSCF6055s.jpg
 末社。しかし何神社なのかは不明。
DSCF6058s.jpg
『天祖神社の創建は約二百年前である。境内の手水鉢の刻字から文政十一年(1810年)頃と証明される。又神社の規模は手水鉢からみても相当なものと推測される。氏子は江戸時代から大荒椎(オオアラシ)と呼ばれた大和田、新井、椎名町の地域の住民で部落の鎮守様とされ、折々秋祭り等も共同で行なわれた。田と畑の平地の中の茅葺き農家の人々の収穫の祈りと喜びを捧げる神社であった。近年は地域の名稱も南長崎三丁目北部、南長崎二丁目、南長崎一丁目、目白四丁目、目白五丁目と呼ばれる。最近五十年は神社も激動する時代の直撃を受け數奇な運命を辿った。昭和二十年春の戰災により全燒廃虚となり終戰を迎えた。戰後世相も生活第一で神社軽視の風潮が強く多難の時が続くが次第に生活が安定すると共に、郷土見直しの声が起きた。昭和四十二年に明治百年を記念して氏子有志の非常なる努力で、社殿境内の復興ができた。そして平成八年山手通りの拡幅による社殿撤去、境内削減の状態から二年后、平成十年十一月ここに新しい天祖神社が誕生した。これは長崎神社宮司、氏子總代及地元有志各位の熱意ある奉仕と努力で完成したものである。昔の人は社殿で町の豊かさを知り、鎮守の森で町の人々の心の豊かさを知ったときく。私達も豊かな心で新しい鎮守の森を創りたい。やがて迎える二十一世紀のために。
 平成十年十一月吉日』
DSCF6061s.jpg
 東の鳥居。

 以上で2月6日参拝分終了。
 使用機材はK-5IIsにDA20-40mm、DA15mm、FA31mm。X30。
 ウォーキングカウンターは21,581歩。
スポンサーサイト

厳島神社(中落合三丁目)

DSCF6021s.jpg
 住宅街の中にちんまりと鎮座する厳島神社(新宿区中落合3-18-1)。
 詳細は不明。
DSCF6017s.jpg

IMGS6642s.jpg

豊坂稲荷神社(目白三丁目)

IMGS6608s_2016020822202002d.jpg
 JR山手線目白駅の西、目白会館脇に鎮座する豊坂稲荷神社(豊島区目白3-2-13)。
IMGS6611s.jpg
 こちらは由緒書きが見当たらないが、豊島区のサイトにこちらの神社についての記述がある。それによると、かつては学習院の構内にあったが現在地に移転。豊坂に面していることから豊坂稲荷と呼ばれるが、江戸時代には八兵衛という人が仕え守っていたことから八兵衛稲荷とも呼ばれるとのこと。更にググってみると、この地に移転して来たのは明治四十一年(1908)で、学習院が四谷から目白へ移って来るに際しての移転であるようだ。また古くは此花咲耶姫稲荷とも呼ばれており、御祭神は若宇賀女命と木花咲耶姫命の二柱である。
IMGS6622s.jpgIMGS6623s_20160208222016e7e.jpg
 お狐さま。
IMGS6617s.jpg
 市来嶋神社。
 手前の石はなんだろう? 幟竿枠のようにも見えるが、木枠で囲う理由がわからない。

東山藤稲荷神社(下落合二丁目)

IMGS6599s_201602082125209a3.jpgDSCF5993s.jpg
 新宿区立おとめ山公園の脇に鎮座する東山藤稲荷神社(新宿区下落合2-10-5)。

『由緒
 当社は、かつて此の地方を統治された、清和天皇の皇孫源経基という御方が、今より約一千百年前、醍醐天皇の御世、延長五年(927)初午の日に京都稲荷山より勧請御遷宮申し上げた御社であり、「藤稲荷神社」「富士稲荷神社」とも申し上げております。
 当社は源経基を始め、源家一族の守神として大変厚く信仰されました。その由縁は、当時平将門が謀逆を企てた折、当東山稲荷の大神様よりその旨御神託あり、経基は早速忍者を走らせ調査した処御神託の通りだったため、帝の許しを頂き、これを平定致しました。この功により、帝より源姓を賜った経基は、以来東山稲荷神社を源氏の氏神様として一族で崇敬することとしたと伝えられております。
 やがて時代の流れと共に、武家のみならず庶民の信仰も厚くなり、「知恵と勇気」を御授け下さる福徳の神様として、その信仰者は農商業、芸能方面と広く江戸市中関東一円に増えていったとのことです。

御祭神
 宇迦之御魂大神、大宮能売大神、佐田彦大神』
IMGS6551s.jpg
 一の鳥居。
IMGS6585s_201602082131045b1.jpg
 二の鳥居。
IMGS6567s.jpgIMGS6566s_2016020821310274f.jpg
 お狐さま。
 台座には文化十五年戊寅二月初午と刻まれているので1818年の造立……の筈だが、随分と新しいように見える。再建されたものなのだろうか。
IMGS6573s.jpg
 寛延四辛未年(1751)九月吉日造立の地蔵菩薩。手前には壊れたお狐さまの姿が。
IMGS6583s_20160208213059b31.jpg
 拝殿。
IMGS6602s_2016020821535409c.jpg
 おとめ山公園の案内図に弁天池とあるので、厳島神社でもあるだろうかと思ったのだが、見当たらなかった。池の中には草木の茂った小島があるが、もし小祠があったとしても遮られてわからないだろう。

氷川神社(下落合二丁目)

IMGS6546s.jpg
 西武新宿線下落合駅の北東、新目白通り傍に鎮座する氷川神社(新宿区下落合2-7-12)。
 公式サイト有り
IMGS6533s.jpg
 拝殿。
IMGS6527s_20160208201821382.jpgIMGS6529s_20160208201820208.jpg
 狛犬。
IMGS6521s.jpg
 末社殿。
DSCF5977s.jpg
『新宿下落合 氷川神社 新宿区下落合二丁目七番十二号
御由緒
 当社の創建は今より二千四百年前、第五代孝昭天皇の御代とも、又更に上古とも云われ詳らかではありませんが、蛍の名所として有名だった落合の郷、神田川の守り神として古くから信仰されてきました。豊島区高田氷川神社と夫婦の社と云い伝えられ、江戸期の文献には将軍家の御狩場「御留山」の山裾に広い境内を有していた様子が描かれています。
 太平洋戦争末期に戦火に包まれるという憂き目に遭うものの、復興を遂げ昭和二十六年現在の御社殿が再建されました。
御祭神
 素盞嗚尊、奇稲田姫命、大己貴命

 境内社(相殿)三峰社 伊弉諾神 伊弉冉神
        天祖社 天照大御神
        稲荷社 宇迦之御魂神 佐田彦神 大宮能売神
        諏訪社 建御名方神 八坂刀賣神
        浅間社 木花咲耶姫神
 兼務社 東山藤稲荷神社(新宿区下落合二丁目十番五号)』
IMGS6513s_20160208203904711.jpg
 新目白通りに面して建てられている南鳥居。
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード