三ツ木神社(境三ツ木)

IMGP4721s.jpg
 真言宗豊山派自在山真福寺(伊勢崎市境三ツ木313-1)の境内に鎮座する三ツ木神社。稲荷大明神の幟があるので稲荷神を祀っているのだろう。
 由緒等は不明だが、真福寺周辺は嘗ての三ツ木城跡地であるそうなので、城の守護神だったのだろうか? 塚の上に造立された石燈籠の側面には宝暦十一辛巳年九月吉日の文字が刻まれていたので、1761年には既にこちらにあったのだろう。三ツ木城の築城されたと思われる年代は1560年頃(永禄年間)であるそうなので、或いはこちらの稲荷神社もそれくらいの時期なのかも。ただ、この塚は土塁の一部が残ったものであるそうなので、最初からここに鎮座していたのではなく、後にこちらに移されたものであると見るべきか。
IMGK8131s_20120429171228.jpg
 本殿と覆屋。
 右の石祠は何神社なのか不明。
IMGK8135s.jpg
 庚申塔と末社。
 どちらも何神社なのかわからないが、右の石祠の側面には天明五年乙巳十一月十八日の文字が刻まれているので1785年のもの。
IMGK8140s_20120429171226.jpg
 辨財天。
IMGP4719s.jpg

IMGK8141s_20120429173542.jpg
 真福寺。
DSCN1965s.jpg
『伊勢崎佐波観音霊場めぐり 第二十九番 永寿山真福寺新義、聖観音
 天正年中三ッ木城主根岸肥後守繁道其姉永寿尼の冥福を祈る為、建立する所なり、永寿尼は生涯寡婦にして能く家政を治める。老年に及び三木城の側に庵室を結び念仏三昧に其の日を送りしが遂に此處に終る。
 永寿尼は草庵に歿すると真福尼と称し、この草庵を真福寺とした。
   ひとふたつ みつぎの里に来てみれば
       花のうてなに 紫の雲』
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【三ツ木神社(境三ツ木)】

真言宗豊山派自在山真福寺(伊勢崎市境三ツ木313-1)の境内に鎮座する三ツ木神社。稲荷大明神の幟があるので稲荷神を祀っているのだろう。由緒等は不明だが、真福寺周辺は嘗ての三ツ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード