八龍神社(大平町西山田白石)

IMGS4050s.jpg
 大平町西山田3251に鎮座する八龍神社。
 貫がゆるく弧を描く明神鳥居はあまり見かけないように思える。
IMGS4033s.jpg
 本殿と鞘殿。
 本殿の隣にも二つの祠があるが、三ついずれも天照皇大神宮神璽が納められており、何神社なのかは不明。
「栃木県神社誌」によると、御祭神は高龍命(たかおのみこと)。弘仁年間(810~24)の創建で、竜王之命を祀る。寛文十二年(1672)、領主北条右近の嫡子が重病を患った時にこちらに参って祈願したところ、たちまち平癒したことから御神徳に感謝して社殿と別当東福寺を建立したと伝えられる。大正十二年(1923)に社殿を焼失したが後に再建。
IMGS4042s.jpg
 富士嶽神社。
 左後ろには庚申塔と青面金剛。
IMGP3900s.jpgIMGP3899s.jpg
 青面金剛。
IMGS4039s.jpg
 絵馬。
IMGS4015s.jpg
 参道入口脇の庚申塔。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード