乙女八幡宮(乙女)

IMGS8295s.jpg
 国道4号線乙女交差点の南西、真言宗豊山派繪唐山佛光寺の向い側に乙女八幡宮(小山市乙女1249)の参道が延びている。
IMGS8308s.jpg
『小山市指定文化財(有形文化財─建造物)乙女八幡宮鳥居
 乙女八幡宮は、鎌倉時代に創祀されたと伝えられる。
 元禄十六年(1703)に当宮別当寺だった光明寺の住僧舜誉が願主となって建立したこの鳥居には、施主として乙女村の青木主水尉照朝と下館大町(茨城県)の有力商人高嶋忠左衛門勝広、栃木町の石屋三左右衛門らの名が銘文に刻まれている。このことから当宮は、西方の思川沿いに開けた、乙女河岸で活動する商人からも崇敬されていたことがうかがわれる。
 鳥居は、神社の参道に建てられて神域や境内の入口を示すもので、元来は木造であるが、平安時代頃からは石造も現れる。
 この鳥居は、島木をもつ明神鳥居形式で、規模も比較的大きく、現存するものとしては小山市で五番目に古い石造鳥居である。建立当時の位置を保っていると考えられ、目立った損傷もなく、近世前期の貴重な鳥居である。
 柱間 三・二六m、中心高三・九二m
 指定年月日 平成十二年十二月二十日』
IMGS8318s.jpg
 二の鳥居。
IMGS8353s.jpg
 拝殿。
IMGS8328s.jpg
『乙女八幡宮
 主祭神は誉田別命。本殿は流造柿板葺、拝殿は入母屋造瓦葺で、鎌倉時代創建と伝えられます。例祭は十月一日。
 例祭に、かつては江戸の本相撲が勧進されましたが、現在は子供相撲が行われます。
 一の鳥居(市指定有形文化財)の柱銘に、元禄十六年に別当寺光明寺が願主、下館の高嶋忠左衛門・乙女川岸の船問屋青木主水尉が施主となって建立したと刻まれています。
 同じく船問屋山中隼人奉納の太刀(銘正宗)が、太平洋戦争直後に盗み出されて付近の畑で発見され、逮捕された賊は、これだけは怖くなって捨てたと供述したといいます。無事にもどった太刀は、現在市立博物館に展示されています。思川水運の繁栄との深い関わりが伺われます。
 明治の神仏分離により光明寺は廃され、その跡には青いシートに覆われた土俵が、子供たちの元気な取り組みを持っています』
 土俵は拝殿のすぐ北隣にあり、現在乙女八幡公園となっている一帯が嘗ての光明寺境内だったのだろう。
 栃木県神社誌には、明治五年に村社に列し、明治四十年に神饌幣帛料供進社の指定を受けたとも記されている。
IMGS8334s.jpgIMGS8332s.jpg
 文化十癸酉歳(1813)五月造立の狛犬。
IMGS8339s.jpg
 天水槽の縁には蛙が置かれている。
IMGS8345s.jpgIMGS8342s.jpg
 八龍神社と神庫。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード