八幡神社(野木町友沼)

IMGS8533s.jpg
 真言宗豊山派地蔵山法音寺と野木町立友沼小学校の間に鎮座する八幡神社(下都賀郡野木町友沼912)。鳥居の額には「正八幡宮」とある。
IMGS8535s.jpg
『友沼八幡神社「将軍御休所跡」
 元和二年(1616)、徳川家康が没すると、これを駿河の久能山にいったん葬ったが、翌三年の一周忌に久能山から日光へと改葬した。
 東照大権現社が完成すると、将軍秀忠は日光参詣(社参)のため、四月十二日に江戸を出発している。さらに寛永十三年(1636)に東照宮が完成すると、徳川家最大の廟所として将軍はじめ諸大名、武家や公家、さらに庶民にいたるまで参詣するようになった。
 将軍の社参は、秀忠の第一回社参をはじめとして、天保十四年(1843)の十二代将軍家慶の社参まで一九回に及んだ。寛永十三年四月、遷宮後の第十一回社参行列の規模も拡大された。
 社参の行程は四月十三日に江戸を出発し、岩槻・古河・宇都宮で各一泊、十六日に日光に入り、十八日には帰途につく。復路もやはり三泊四日で帰るのが恒例となった。それとともに昼食・休憩の宿や寺社なども決まり、大沢宿(現今市市)のようにそのための御殿が建てられた例もあった。
 友沼の将軍御休所は、将軍が江戸を出発し、二泊めになる古河城を朝出て、最初に小休止をした場所で、八幡神社の境内にあった。次は小金井の慈眼寺で昼食をとり、石橋へという道順をとった。
 ところで、近世における八幡神社は「日光道中略記」によると、別当法音寺の支配下にあった。野木村の野木神社の場合、元和二年に別当満願寺の支配がはじまるから、八幡神社も早くはほぼこの時期かと思われるが、小祠から拝殿・本殿をそなえた神社に整備されたのは、社参の規模が拡大する寛永十三年以降のようである。将軍御休所の建物は境内にあり、西運庵と呼ばれた。日光社参と八幡神社の整備が深くかかわっているとすれば西運庵の成立もこの時期かもしれない。なお文化期(1804~17)の宿駅のようすを描いたといわれる「日光道中分間延絵図」では、はるかに丸林村、潤島村の林が、さらに遠方には若林村の森が見え、正面には筑波山を眺望できる景勝の地と記されている。
 肥前国平戸藩主松浦静山は寛政十一年(1799)八月、四十才のとき、日光参詣の途中、友沼の「石の神門建てたる八幡の神祠のまえにしばし輿をとめ」、休憩している。
 天保十四年四月、「続徳川実紀」によると、一二代将軍家慶の社参では、享保(第十七回)、安永(十八回)の社参では設けなかった幕張りが小休止の場所でまで行われた。友沼の御休所でも幕が張られ、一行は疲れをいやしたとある。
 平成三年三月二十五日』
IMGS8597s.jpg
『八幡神社由緒沿革
當社ハ第十五代應神天皇ヲ奉齋セル社ニシテ創立ノ年紀邈焉トシテ詳カナラザルモ口碑ニ天喜年中源賴義奥羽征伐ノ時之ヲ再建セシモノナリト傳フ社ノ南字松原ニ高良社アリ該社ハ天皇ノ重臣武内宿禰ヲ祀レルモノニシテ本村ノ鎮守八幡社ナレバ其臣ヲ此所ニ祀リシモノナラン云々ト古河誌ニ見ユ 明治五年村社ニ列セラレ仝四十年二月無格社稲荷神社 日御前神社 春日神社 鹿島神社 鷲神社 神明宮 愛宕神社 稲荷神社 住吉神社ヲ合祀シ仝年五月三日神饌幣帛料供進指定セラル其後社殿ノ破損朽腐甚シキタメ皇紀二千六百年ヲ記念シ昭和十五年工ヲ起シテ拝殿一部ノ修理社號標建設土垣ノ改築神庫ノ新設等ヲ完成シ今ヤ高嵩端麗ナル社殿ト老欅列立セル廣濶ナル境内トヲ具備スルニ至レリ
 昭和十七年十一月建之』
IMGS8537s.jpg
 二の鳥居。
IMGS8590s.jpgIMGS8593s.jpg
 狛犬。
IMGS8542s.jpgIMGS8545s.jpg
 昭和五年(1930)二月二十八日造立の狛犬。
IMGS8538s.jpg
 拝殿。
IMGS8576s.jpg
 拝殿と本殿。
IMGS8559s.jpg
 末社群。
 左の石祠は天満神社・稲荷神社・地荒神社の合祀社。
『合祀の由緒
 稲荷神社  字新城
 日御前神社 仝
 春日神社  字西浦
 鹿島神社  字羽ヶ田
 鷲神社   仝
 住吉神社  字新城
 神明宮   字松原
 愛宕神社  仝
 稲荷神社  卯の木狐塚

 上段九社は明治四十年二月二十五日法令の改正により大字総鎮守の八幡神社境内に合祀した
 其の後昭和四十年三月松原高良神社氏子総代の申入れにより当八幡神社総代会及大字友沼部落長会議で協議の上其の申入れに応ずる事となり 県神社庁に手続きを済まし高良神社境内に左の三社を遷した
 一、神明宮 一、愛宕神社 一、稲荷神社
 残り六社は破損甚だしき為に昭和四十年九月に改築した』
IMGS8583s.jpg
 大欅。
『町指定文化財 友沼八幡神社ケヤキ
指定年月日 平成二十二年三月二十五日
所 在 地 野木町大字友沼九一二
 友沼八幡神社は将軍が江戸を出発して三日目に、「将軍御休所」として最初に小休止をした場所であったという。小祠から拝殿、本殿をそなえた神社であり、将軍御休所の建物は境内にあったとされている。当時はケヤキ、スギ、イチョウなどの大木が境内を囲むようにあったといわれる。
 明治十一年頃の友沼村の地誌には、スギ、ケヤキの「大木あり」と記されており、昭和三十~四十年頃もこの木の他に太いケヤキもあったが、樹勢の衰えにより伐採されている。現在、推定樹齢五五○年のこのケヤキは、向き合うようにあるイチョウとともに、神社を代表する巨木として、その勇壮な美しい姿で立っている』
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード