古御門神社(迫間田)

IMGS9025s.jpg
 栃木県道174号南小林松原線を挟んで巴波川決壊口祈念公園の東側に鎮座する古御門神社(小山市迫間田78)。
 こちらに参拝するのはおよそ三年半ぶりか。前回はこちら
IMGS9007s.jpg
 拝殿。
『主祭神 菟道稚郎子命
 天暦一一(957)年一一月子の日創立。鎌倉時代、野木神社の神領であった迫間田・寒川・中里・鏡・井岡・小袋・下河原田は、野木神社を親神として菟道稚郎子命を奉斎していた。建仁年間(1201~04)の創始という七郷巡りは、親神である野木神社の神が年に一度、娘神達の住む七郷を巡るものとする伝承がある。当社は末娘であり、オイデとオカエリの両方立ち寄るという』(「栃木県神社誌」より抜粋)
IMGS9021s.jpg
 斜めから。
IMGS9019s.jpg
 後ろから。
IMGS9014s.jpg
 不動堂と庚申塔。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード