愛宕神社(野木町友沼)

IMGS9755s.jpg
 国道4号線小山バイパス役場入口交差点の南、4号線脇の観音堂から少し東に入った畑の中に鎮座する愛宕神社(下都賀郡野木町友沼848)。
『主祭神 火結神
 創立は詳らかではない。天保一二(1841)年に友沼村大火のおり、社殿、旧記をすべて焼失した。その後、社殿は天保一五年に再建された。明治三八年には、社殿が破損したため修理を行なった』(「栃木県神社誌」より抜粋)
 栃木県神社誌に載っている写真では流造の立派な社殿なのだが、はてさて。ググってみると2011年12月末頃まではここに塚があり、その頂に愛宕神社が鎮座していたことが確認できるのだが、それ以後どうなったのかはわからないものの、現在はこの通り。鳥居も以前は石造りの明神鳥居であったようだが、うーん? 塚まで無くなっているところを見ると、単に焼失したと言うわけでもないのかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード