龍神社(野木町若林)

IMGS0046s_201310220015552d2.jpg
 根渡神社から東北新幹線の橋梁沿いに北上して行くと上原接骨院の看板が見えて来るので、その手前で西へ向かうと龍神社入口の案内板が見えて来る。後は狭い道を進んで行けば龍神社(下都賀郡野木町若林387)に到着。
IMGS0051s.jpg
 社号標石そばの石祠。
IMGS0056s.jpg
 鳥居。
IMGS0058s.jpg
 拝殿。
 大正八年十一月二十八日奉納の額には八龍神社、大正四年奉納の額には龍神社と書かれている。鳥居前の石造旗柱にも八龍神社と刻まれているが、龍神社の名前に固定されたのはいつなのだろう。
『主祭神 高龗神
 創立は建久二(1191)年。若林村の総鎮守である。元禄年間(1688~1704)に社殿を改築。安政三(1856)年八月暴風で境内の大木が社殿の上に倒れて大破したため、近隣村の応援を得て、万延元(1860)年に社殿を新築。昭和五(1930)年に村社に列せられた。同一○年本殿を新築し、拝殿を改築した』(「栃木県神社誌」より抜粋)
IMGS0060s.jpgIMGS0061s.jpg
 昭和十年十一月造立の狛犬。
 龍神社だけあってか、狛犬の顔付きもどことなく龍っぽい雰囲気がある。
IMGS0062s.jpgIMGS0063s.jpg
 別角度で。
IMGS0070s.jpgIMGS0074s.jpg
 更に別角度で。この角度では狛犬の尻と言うか後脚の辺りが人の顔っぽく見えるが、まぁシミュラクラ現象。
IMGS0109s_20131022004756730.jpg
 本殿後ろから。
IMGS0089s.jpg
 末社殿。
 左から稲荷神社、雷電神社、愛宕神社。
IMGS0102s.jpg
 末社。
 何神社なのかは不明だが、台座には「平成五年建立上原家氏神」と刻まれている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード