小野照崎神社(下谷二丁目)

IMGS0512s.jpg
 東京メトロ日比谷線入谷駅西側に鎮座する小野照崎神社(台東区下谷2-13-14)。
IMGS0515s.jpg
 西の鳥居。
 左側の小さな鳥居は末社稲荷神社の鳥居。
IMGS0612s.jpg
 拝殿。
 主祭神に小野篁命、配祀神に菅原道真命を祀っている。
IMGS0618s.jpgIMGS0622s_20131104122243469.jpg
 狛犬。
DSCN9952s.jpg
『小野照崎神社
台東区下谷二丁目十三番地十四号
 小野照崎神社の祭神は、平安初期の漢学者・歌人として著名な小野篁である。創祀の年代は不明だが、次のような伝承がある。篁は上野国司の任期を終え、帰洛の途についた際、上野照崎(忍岡、現在の上野公園付近)の風光を賞した。仁寿二年(852)篁が亡くなったとき、その風光を楽しんだ地に彼の霊を奉祀した。その後、江戸時代をむかえ、寛永二年(1625)忍岡に東叡山寛永寺を創建するにあたり、当社を移転することとなり、坂本村の長左衛門稲荷社が現在地に遷した、というものである。また、一説には、忍岡から孔子聖廟が昌平橋に移った元禄四年(1691)頃に遷座したのではないかともいう。
 現在の社殿は慶応二年(1866)の建築で、関東大震災や東京大空襲などを免れた。また、境内には、富士浅間神社・御嶽神社・三峰神社・琴平神社・稲荷神社・織姫神社、さらには庚申塔が現存する。
 例大祭は五月十九日で、三年に一度、本社の神輿渡御が行われる。
 平成十一年三月』
 また、拝殿前に置かれたリーフレットには次のように記されている。
『当社は今から凡そ千百餘年前の仁寿二年に上野照崎の地に創建されました。御祭神小野篁命が御東下の際、照崎の地に御遺跡を留められ、篁命が御逝去されると地元の人々が篁命を渇仰して、上野殿(諌議亭)と尊称し、地名を採り小野照崎大明神と祀り尊崇したのであります。その後上野寛永寺の建立に際し、坂本村の長左衛門稲荷神社の境内(現在の鎮座地)に遷祀されました。回向院より御配神である菅原道眞命御手刻の尊像を遷祀し、江戸二十五社天神の一つとして尊崇されました』
IMGS0548s_20131104125905783.jpg
 浅間神社と富士塚。御祭神は木花開耶姫命・大山祇命・磐長姫命・天津彦火瓊々岐命。
 以前は門の脇に石猿が控えていたそうなのだが、現在その姿は見当たらない。
IMGS0553s.jpg
 門の左脇に浅間神社。
DSCN9955s.jpg
『下谷坂本の富士塚
 この塚は模造の富士山で、文政十一年(1828)の築造と考えられている。『武江年表』同年の項に、「下谷小野照崎の社地へ、石を畳みて富士山を築く」とある。境内の"富士山建設之誌碑"によると、坂本の住人で東講先達の山本善光が、入谷の住人で東講講元の大阪屋甚助と協議して築造し、富士山浅間神社の祭神を勧請したという。
 東講は富士山信仰の集団、いわゆる富士講の一。富士山信仰は室町末期頃に起り、江戸時代中期には非常に盛んになり、江戸をはじめとして富士講があちこちで結成された。それにともない、模造富士も多数築かれ、江戸とその近郊の富士塚は五十有余を数えるに至った。しかし、いまに伝わる塚は少ない。
 ここの富士塚は高さ約五メートル、直径約十六メートル。塚は富士の溶岩でおおわれ、東北側一部が欠損しているものの、原形がよく保存されている。原形状態が良好な塚は東京に少ないので、この塚は貴重である。昭和五十四年五月二十一日、国の重要有形民俗文化財に指定された。
 平成六年三月』
IMGS0576s.jpg
 稲荷神社・織姫神社。
『稲荷神社 御祭神 宇迦之御魂神
 織姫神社 御祭神 栲幡千々姫命
 稲荷神社は長左衛門稲荷と称し小野照崎神社遷座前より当地の地主神として尊祀されてきた古い社であります。昭和二九年に織物組合庭内に奉齋されていた織姫神社を合祀しました』
IMGS0585s.jpg
 お狐さま。
 以前は一対揃っていたのだが、今はこちらのみ。
IMGS0559s.jpg
 庚申塚。
 力石も三つ並んで置かれている。それはそれとして、小野照崎神社の境内には猫が多い。
『御祭神 猿田彦命
 日本三大庚申の一つとして、現在十一基の塔が祀られており、最古のものは正保二年(1647)の作であり、青面金剛の塔は大阪四天王寺と同作の霊像と云われ、聖徳太子作と伝えられています。』
IMGS0564s.jpg
 不動明王と……智拳印だから大日如来かな? その後ろに三猿や青面金剛。
IMGS0594s_20131104132806d23.jpg
 御嶽神社・三峰神社・琴平神社。
『御嶽神社 御祭神 国常立命・国狭槌命・豊斟命
 三峰神社 御祭神 伊邪那岐命・伊邪那美命
 琴平神社 御祭神 素戔雄命
 当地の御嶽信者に依り古く創建された御嶽神社に、江戸末期に琴平神社が、又、大正九年に三峰神社も合祀された。現在御嶽神社は大神講社・三峰神社は入谷講社に依り祭典が執行されている』
 …琴平神社の祭神が素戔雄命? なんで?
IMGS0603s.jpg
 狛犬……いや、台座に入谷講社とあるので三峰神社の方だろうから、これは狼か。
 これまた対になる相方の姿は無し。台座は残っているのだけどね。
IMGS0630s_20131104132803c84.jpg
 南の鳥居。
IMGS0646s.jpgIMGS0652s.jpg
 狛犬。
 阿形の方はなんとなく神聖モテモテ王国のファーザーを思い出す。

 以上で10月27日参拝分終了。
 使用機材はK-5IIsにDA18-55mm WR。Coolopix P7100。やっぱりK-5IIsにDA18-55mm WRでは力不足なので、この焦点域のズームレンズが欲しくなる。SIGMAの17-50mm F2.8がかなり安くなって来ているのだけど、HA DA 20-40mm F2.8-4 ED Limited DC WRの噂も出て来ているので、そちらの方がとても気になる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード