高良神社(野木町友沼)

IMGS0924s_201311041834061d9.jpg
 野木町立新橋小学校の西側に鎮座する高良神社(下都賀郡野木町友沼5232)。
 鳥居の柱には「文政十三年庚寅六月 別當 法音寺朝源」と刻まれている。1830年の建立だ。
IMGS0927s.jpg
 二の鳥居。こちらは昭和四十六年(1971)八月の建立。
IMGS0968s.jpg
 改築記念碑。
『當高良神社は景行天皇から五代の帝に仕へて忠誠を盡した武内宿禰を祀り奉った社で其由緒は詳でないが神木の老杉等より見ても相當古い創立と察し得らるゝのである然るに社殿は建立以来多くの年月を經て破損甚しく且つ狭小なるため氏子の人々も常に之を憂ひ去る昭和十四年改築の議を決し直ちに寄附を募り資材を集めて工を起したるに時恰も東亞の戦乱勃發し次第に擴大して遂には國を擧げての大戦争と成りし為め資材も人手も意の如く成らず茲に止むを得ず工事を中止する事八年同二十二年に至って漸く干戈斂まりし故再び工を始め同年十一月茲に全く本殿拜殿玉垣に至るまで完備した壯麗なる社殿の竣工を見るに至ったのである
 因て其由來を略記してこの碑を建て併せて寄附者の芳名を裏面に刻して永く後世に傳ふる事とした
 昭和二十三年十一月十九日』
IMGS0934s.jpg
 拝殿。
『主祭神 武内宿禰命
 創立年代は不詳だが、伝えによれば、天喜年間(1053~58)源頼義が野木町友沼に八幡神社を再建する際、八幡神社の祭神誉田別命(応神天皇)に最も関係深い武内宿禰をこの地に祀ったのが始まりだという。九州久留米の高良神社から勧請したともいわれ、生活守護・五穀豊穣・延命長寿の神として奉斎したという』(「栃木県神社誌」より抜粋)
 このことは友沼八幡神社境内の石碑にも記されている。
IMGS0966s.jpgIMGS0963s.jpg
 狛犬。
IMGS0973s.jpg
 社殿側面から。
IMGS0944s.jpg
 須賀神社。
IMGS0959s.jpg
 末社。
 左端の石祠は不明。右奥の石祠は左から神明宮、愛宕神社、稲荷神社。友沼八幡神社境内の石碑に記されていた、八幡神社から高良神社境内に遷された三社がこちらの三社なのだろう。
DSCN9985s.jpg
 遠景。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード