高山稲荷神社(高輪四丁目)

IMGS1639s.jpg
 品川駅高輪口のすぐ西側、第一京浜に面して鎮座する高山稲荷神社(港区高輪4-10-23)。
『高山稲荷神社
御祭神 宇迦之御魂神(食物主宰産業神)
例祭日 九月十五日
高山稲荷神社は京都伏見稲荷大社の御分霊・正一位福聚稲荷大明神の御神霊を祭祀しております。
往時の文献によれば今から凡そ五百年前当地域に神社の建立を御勧請し神社を建立したと記されております。
当時高輪の地形は小高い丘陵で社殿は二百数十段の石段の山峰に位置し山上の神社故高山神社と称されたと伝えられております。
現在の社殿前方品川駅一帯は見晴らすかぎり海辺がつゞき遠く房総方面より往き来する舟の目標となったものと記されております。
                         (寛政年間の江戸名所絵図参照)
明治初期毛利公爵が当地に邸宅を構えるに及び同家より広大な敷地の寄進があり境内からの眺望は目を見張るものがあったと思はれ明治天皇が京都より江戸への遷都に際して当所で御休息・御野立をなされたと伝えられて居ります。     (毛利家所蔵文献参照)
大正十二年関東大震災後国道の拡張に伴い約十五米の境内を失い参道も(旧参道は現在地北側約三十二米先の石畳道路に面しており南方へ向って石段を昇った)現在の方位に移りましたが歴史の流れと共に社殿の損傷も著しく昭和の初期諸先輩の努力により高山神社奉賛会を設立し氏子一同の熱心な御協力により昭和六年九月吉日社殿の御造営を落成し現在の荘厳な新社殿を仰ぎ見るに至った。当社は古来高輪南町・下高輪町(旧中町)の鎮守の神として氏子町民の信望を集め毎年九月十五日を期し賑やかに大祭の行事を執行致しております。
昭和六十三年に至り約六十年間風雪に耐えた神社大鳥居並社殿内外の大改修の必要にせまられ茲に奉賛会会員並氏子一同の絶大なる御協力・御奉納により改修の完成を見るに至った。
当神社は数百年来鎮守の神として氏子町民の守護神として信望を集め強いては全人類の平和と幸福を祈り国家の隆昌と子孫の繁栄に御加護下さる由緒ある神社です。
昭和六十三年九月吉日建之』
IMGS1627s.jpgIMGS1625s.jpg
 慶応元年(1865)造立の狛犬。
IMGS1636s.jpg
 拝殿。
IMGS1631s.jpg
 斜めから。
IMGS1630s_20131121193511942.jpg
 港区指定有形民俗文化財の石燈籠。「おしゃもじさま」とも呼ばれているようだ。
 縁結びの神とされているそうだが、由来は不明とのこと。
 現在の品川税務署付近にあった石神社(別名を釈神社)がこちらに合祀された際に移転されたもので、元は切支丹燈籠であったのだそうだ。高輪海岸で処刑された外国人宣教師を供養する為に建てられたとも、また海中より出土したとも言われているとのこと。
IMGS1629s.jpg

 以上で11月16日参拝分終了。
 使用機材はK-5IIsにDA FISH-EYE 10-17mmとDA15mm、DA21mm、DA35mm Macro、DA70mm。Coolpix P7100。
 他にも何箇所か参詣するつもりだったのだけど、時間が足りなかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード