不動院(八千代町仁江戸)

IMGS3231s.jpg
 御所神社から少し西へ歩くと仁江戸古墳群があり、墳丘頂に不動院(結城郡八千代町仁江戸)が鎮座している。
 院と呼ぶには少々アレな気もするが、祠の中の奉納額にそう書かれているのだからそうなのだろう。耳錐不動尊、■見不動尊(■は「奴」の下に「女」)とも書かれているが、墳頂の祠に収められているのは耳錐不動尊なので、その左側の小さめの祠に収められているのが■見不動尊と思われる。また昭和五十八年十一月吉祥日、東福院日照山薬王寺第二十一世純亮とも書かれているので、こちらは薬王寺持ちの祠なのかも。
 左側の祠はたぶん大師堂。
IMGS3158s.jpg
 耳錐不動尊。寛文……何年だろう。よく見えない。
IMGS3166s.jpg
 耳錐不動尊脇の十九夜塔と不動明王。
IMGS3172s.jpg
 たぶん■見不動尊。
IMGS3230s.jpg
 左から馬頭観音堂、■見不動尊、耳錐不動尊。
IMGS3179s_201312231743461f4.jpg
 寛文七丁未天十二月(1668)造立の馬頭観音。
IMGS3176s.jpg
 馬頭観音堂から西へ。
IMGS3182s_2013122317434447b.jpg
 庚申塔と青面金剛。青面金剛は元文五庚申年(1740)十一月十七日の造立。
 後ろのこんもりとした部分は古墳。
IMGS3186s.jpgIMGS3190s.jpg
 二十六夜堂。
 二十六夜講の主尊は愛染明王の筈だが、これは馬頭観音では? 延宝五丁巳年の文字が見えるので1677年の造立。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード