明徳稲荷神社(本町二丁目)

IMGS3400s.jpg
 本町通り公園の西隣に鎮座する明徳稲荷神社(中野区中央2-52-1)。
IMGS3402s_20140104180648162.jpg
『この稲荷神社は、江戸時代に中野村の名主をつとめた堀江家の敷地(約二万一千平方メートル)の東北の隅に位置しています。東北の方角は古来、鬼や災難が入ってくるという鬼門として忌み嫌われていました。このため、堀江家では、屋敷内に神を祀って鬼門除けとしたものです。
 堀江家文書によれば、中野宿で市場の繁栄と安全のために祀った市神という神社の記録があり、これが明徳稲荷なのではないかとも考えられます。
 大正時代に地元の人たちが堀江家から稲荷神社を譲り受け、現在にいたっています。
 関東大震災と第二次世界大戦の際に罹災しているため、江戸時代の社殿や、古記録は残っていませんが、狐の彫り物のある慶応三年(1867)の手水鉢にわずかながら往時をしのぶことができます。 
 この稲荷神社には、明徳稲荷のほか、火伏せの秋葉神社と雨乞いの榛名神社とが祀られています。
 平成二年十一月』
IMGS3398s.jpg
 南の鳥居。
IMGS3404s.jpg
 拝殿。
IMGS3405s.jpg
『明徳稲荷神社は徳川時代小代官堀江家の建立されたものです。その後榛名神社秋葉神社が合祀三神体が祭られています。戦火で焼失、昭和二十二年再建。棟梁飯塚常吉氏高橋義雄氏お二人の腕前です。落し木と云う方法で柱に板の溝を掘り羽目横板張り乾燥しても自然に閉まってくる屋根勾配昔通り』
IMGS3409s.jpgIMGS3407s_201401041829060cb.jpg
 昭和四十三年(1968)二月造立のお狐さま。
IMGS3415s.jpg
 破損したお狐さま。
IMGS3413s_20140104182904e36.jpg
 こちらは先代かな?
IMGS3420s.jpg
 東の鳥居。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード