倉屋敷稲荷神社(大宮区仲町三丁目)

IMGS4847s.jpg
 大宮駅東口、大宮区役所の南側に鎮座する 倉屋敷稲荷神社(大宮区仲町三丁目)。
IMGS4829s.jpg
『由緒
 当倉屋敷稲荷神社は、岩槻城の出城であった寿能城の倉屋敷に由来し、寛永五年(1628)徳川幕府が中山道を現在の位置に付け替えるに当たり、その道筋に鎮座されておりました当社を、当時の仲町住人二十六軒の者が、只今の場所に御遷座申し上げました。
 また、このあたりは、明治の初めに廃寺となりました玉龍山宗金寺の境内になっておりましたので、またの名を中寺の稲荷社とも申します。
 昔から、五穀豊穣、商売繁盛、家内安全の神様として、町内はもとより、近郷近在の庶民に厚く信仰されて参りました。
 昭和四十年(1965)、隣接する旧大宮市役所が市庁舎を新築する際に、当社の本殿、拝殿も修復の上、やや南に御移動申し上げ、今日に至っております。
 当社では、毎年、三月の初午の日に、初午祭を執り行っております。
 平成十四年三月吉日』
IMGS4830s.jpg
 二の鳥居…じゃなくて、えぇといくつだ。ひーふーみー……んー、十三くらい? 石鳥居としては三つめ。
 お狐さまの手前には石祠が一基ずつあるが、社名を記していたであろう部分が崩れてしまっているため判読不能。
IMGS4835s_2014020523003763c.jpgIMGS4837s.jpg
 お狐さま。
IMGS4844s_20140205230035e14.jpg
 拝殿。
IMGS4841s.jpg
 金毘羅社と天神社。
 後ろの建物は社務所(さいたま市大宮区仲町3-5)。
IMGS4850s.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード