八雲神社(大宮区大成町三丁目)

IMGS5326s.jpg
 大成町三丁目公園端に鎮座する八雲神社(さいたま市大宮大成町3-242-2)。
IMGS5330s.jpg
『八雲神社由緒
鎮座地  大宮市大成町三丁目二四二番地の二
御祭神  素盞嗚尊
     火産霊神(火之迦具土神)
祭 儀  一月一日   元旦祭
     四月三日   春祈祷祭
     四月十八日  春季秋葉祭
     七月十四日  例祭(天王祭)
     八月一日   夏祭
     十二月十八日 秋季秋葉祭
境内神社 神明神社 御祭神 大日孁貴命(天照大神)
     御嶽神社 御祭神 久慈真知命
沿 革  神社創建の年代は必ずしも明確ではないが、伝承によれば、慶長五年(1600)
    大成村の初代領主となった、徳川家の旗本・小栗(又一)忠政が、社殿を建立し
    て神霊を勧請し、併せて自身の守護神(迦楼羅)をも配祀して、住民の平安息災
    と五穀の豊穣を祈願したといわれており、古くから地域の鎮守として、住民の崇
    敬篤く、御神徳の高い神社であった。
     明治四○年(1907)六月七日「一村一社」とする政府の方針(神社合祀令)
    に従い、神霊は「日進神社」に合祀し、境内社も整理(鳥居・燈籠・手水舎は撤
    去)したが、産土神に対する住民の敬慕の思いは断ち難く、社殿はそのまま存置
    し、大正三年(1914)、拝殿兼参集所を造営、遥拝所として礼拝・祭祀を行って
    きた。
     平成三年(1991)七月、社殿を改築造営し、引き続いて平成四年四月、鳥居・
    燈籠・手水舎及び玉垣等を再建、同年十一月十一日、日進神社から合祀神霊を奉
    遷した。
 平成九年八月吉日』
IMGS5331s.jpg
 拝殿。
IMGS5335s.jpg
 御嶽神社と神明神社。
IMGS5339s.jpg
 東側から。
IMGS5325s.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード