神明神社(大宮区桜木町三丁目)

IMGS5343s.jpg
 桜木神明公園の北西に鎮座する神明神社(さいたま市大宮区桜木町3丁目)。
IMGS5351s.jpg
『神明社
 神明社は天照大神を祭神とし、伊勢の皇大神宮を奉祀した神社で、伊勢信仰に基づいて同社の御師による配札活動などを通じ、全国各地に伊勢講が結成されましたが、その結果、各地に神明社が設立されました。
 当神明社は、文政年間(1818~30)に徳川幕府が編纂した「新紀」によりますと、「鎮座の年は伝えざれど、天正二十年(1592)の水帳に神明ヶ谷戸の小名出たれば古社なるべきなり。村民の持ちなり」と記されています。
 小名「神明ヶ谷戸」は現在の桜木町三丁目、土手町一丁目の大部分の地域に相当しますが、神明社は現在桜木町三丁目の桜木公園(旧国鉄北官舎跡地内)に鎮座しています。
 神明神社保存委員会は、神明神社敷地五十六平方余りの用地を、日本国有鉄道清算事業団から平成九年(1997)十月二十二日に取得しています。
 平成十四年四月吉日』
IMGS5357s.jpg
 狛犬…? いや、蛙だなこれは。
IMGS5349s.jpg
 社殿。
IMGS5346s.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード