正八幡宮(緑区代山)

IMGS8598s.jpg
 代山自治会館の隣、埼玉県道105号線に面して鎮座する正八幡宮(さいたま市緑区代山115)。
IMGS8605s.jpg
『八幡社 御由緒
 さいたま市緑区代山115-1
□御縁起(歴史)
 当地は芝川と綾瀬川に挟まれた大宮台地上に位置する。永禄六年(1563)「太田資正書状」に「たい山の内、てら山・たい野は」と載り、この地の開発が戦国時代までさかのぼることが知られる。地内には岩槻太田氏の家臣小久保縫殿助又は山田大隅が居住し、天正十八年(1590)の岩槻落城と共に滅びたと伝わる代山城跡がある。
 当社は日光御成街道に面して鎮座している。口碑によれば、いつのころか綾瀬川の氾濫により、北東隣の高畑村から御神体が流れ着きそれを村人が見付けて祀ったのが当社で、そのために高畑の人は今でも当社を参拝しているという。あるいは、代山城跡のすぐ西に位置することから、城の守護神として祀られていた八幡神が落城した後に村の鎮守となったとも考えられる。
 「風土記稿」代山邑の項には「八幡社 村の鎮守なり、末社、稲荷社二宇、別当、光福寺 新義真言宗、大門宿大興寺の門徒、八幡山と号す、本尊阿弥陀を安ぜり」と記され、江戸後期の状況が知られる。
 別当の光福寺は当社の東に隣接して建っていたが、明治初年の神仏分離により当社の管理を離れ、寺子屋を営んだという。その後、焼失して廃寺となった跡地に野田小学校が建設された。
 「明細帳」によれば、当社は明治六年(1873)に村社となり、同四十一年(1908)に字後谷津に鎮座する無格社厳島社を合祀した。
□御祭神と御神徳
 応神天皇・市杵嶋姫命・・・交通安全、厄除開運、家内安全
□御祭日
 元旦祭  大祓(六月二十九日・十二月二十九日)
 例大祭(九月中旬)』
IMGS8612s.jpg
 拝殿。
IMGS8629s_2014042916512993d.jpg
 末社。
 社名は記されていないが、稲荷社だろう。
IMGS8625s.jpg
 覆屋の中には大絵馬が二枚掛けられている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード