胡桃下稲荷神社(柏座一丁目)

IMGS9286s.jpg
 上尾駅東口から少し北に向かった所に鎮座している胡桃下稲荷神社(上尾市柏座1丁目)。
IMGS9288s.jpg
『胡桃下稲荷御由緒
 御祭神 宇迦之御魂神(殖産の神)
 当神社の御本社常陸国(現在の茨城県)笠間に鎮座致します笠間稲荷神社を本社と致します商業農業等の繁栄を司る御神を御祠りする御本社の古来からの別名胡桃下稲荷(紋三郎稲荷)で御座居ます。
 御本社の御由緒、社伝には第三十六代孝徳天皇の御代 白雉年間(650-54)に御創建せられ寛保三年(1743)には時の城主井上正賢氏が御社殿を整備、代々の祈願所と定め以後日本全国の武将、農、商人の多くの崇敬を受け日本三大稲荷とし尊崇せられて居ます。
 この社は明治時代の始め頃、此の地に住まいした新井亀次郎翁若かりし頃遠くにその御名を伝え聞き勧請を受け徒歩して御祭神を御運びし 御祠りすべき場所を此の地と定め自身此の土地を差し出しその後地域の尊崇の同志七人と共にその御社殿建設に奔走、多勢の御賛同を戴き寄進を頂戴し 御本殿、神楽殿、その他付帯施設を整備、現在に至って地域の尊崇を集めて居ります。
 現在の御社殿は当時の御本殿の一部の御神体を御祠した部分です』
IMGS9275s.jpg
 本殿。
IMGS9280s.jpgIMGS9279s.jpg
 お狐さま。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード