稲荷神社(鞘町)

IMGS9658s.jpg
 さやもーる内に鎮座する稲荷神社(高崎市鞘町10)。
IMGS9659s.jpg
『鞘町稲荷神社の由来
 安政年間(1854~60)鞘町の守り神として稲荷を信仰する町内有志が「現在地」横町路地奥に勧請し、その名の通り「鞘町のお稲荷さん」として、火防、盗難除け、家内安全、商売繁盛、開運出世などに信仰を集めてきた。明治、大正、昭和にわたり、信仰する鞘町住民の有志に守られ、毎年、初午には、町内あげてお稲荷祭りが行なわれ、町内有志や、子供たちの手づくりの万灯が取りつけられ、笛、太鼓のお囃子で、夜間まで盛大な祭りが開かれ、大人には酒肴、子供にはお菓子などが振る舞われた。
 昭和二十年(1945)八月の空襲により焼失したが昭和六十二年(1987)駐車場ビル建設者の厚意により、現在地を鞘町稲荷神社再建用地として確保出来、町内稲荷信仰者有志により堂宇が再建された』
IMGS9663s.jpg

IMGS9657s.jpg
 中央辺りに見える赤い自販機の隣に稲荷神社。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

いらっしゃいませ

 まだまだ移動範囲も狭く、見落としなども多い当ブログですが、同好の方々の一助になっているのであれば幸いです。

ありがとうございます。

こんばんは。時々拝見させて頂いてます行ったことがない神社を調べなきゃならない時に、何度もお世話になり、今までにどれだけ助けられてきたことか。ありとあらゆる場所の神社に行かれてて、本当にすごいです。このようなブログを作って下さったこと、心から感謝しています。これからも頑張って下さい。陰ながら応援しています。ありがとうございます。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード