神明宮(中央区上落合一丁目)

IMGS9988s.jpg
 北与野駅そばに鎮座する上落合鎮守神明宮(さいたま市中央区上落合1-10)。
IMGS9993s.jpg
 靖国鳥居。
IMGS9995s_201407172046059d1.jpg
『神明神社 御由緒
 さいたま市中央区上落合513
□歴史
 当地は、大宮台地上にあり、南東部側を東縁高沼用水が、西部側を高沼排水(通称霧敷川)が流れる。また、ここにある上落合は、江戸期を通じて氷川神社社領であった。
 当社の創建年代は不詳であるが、口碑によると伊勢参宮を行った村人が御師より御祓大麻を受け、これを当地に祀ったことによると伝える。天保七年(1836)の「上落合村絵図」には、村の当方に「神明宮」と記録されている。祭神は、天照大御神である。
 「風土記稿」には、「村民の持」とあり、氷川神社社領であったことから別当寺は存在せず、村人の管理する社であった。また、村鎮守としての維持運営費は、「年貢皆済目録」によると毎年二俵が充てられていた。
 安永九年(1780)七月、氏子の井山氏は「神明宮」の扁額を奉納している。また、同年五月、井山源七と近藤伊兵衛が当社世話人のとき、「江府之筆屋清治郎・与野町菓子屋与左エ門」が、更に同年十一月、「当山由翁家・与野町大黒屋彦兵衛」が「所安全・諸旦方縁之子供繁昌・家内安全」を祈念して石灯籠を寄進している。
 社殿は、古くより茅葺き屋根の入母屋造りであったが、昭和五十八年(1983)四月五日、鉄筋コンクリート作りの社殿に改築している。本拝殿は、銅板葺きの神明造りである。
□祭神
 天照大御神
□祭祀
 元旦祭(一月一日)
 夏祭り(七月中・第二日曜日齋行)』
IMGS0014s.jpg
 拝殿。
 本殿を撮るのは少々スペース的に難しかったのでやめたのだが、考えてみれば北与野駅とさいたま新都心駅をつなぐ空中回廊からなら撮れたのではないだろうか。今更遅いが。
IMGS0002s.jpg
 稲荷社。
IMGS0008s_20140717204602d71.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード