勢田稲荷大明神(西大室町)

IMGS1971s.jpg
 群馬県指定史跡荒砥富士山古墳(前橋市西大室町813-2他)の南面に鎮座する勢田稲荷大明神。
IMGS1982s_20141013144038516.jpg
 右側の倒れている石塔が勢田稲荷大明神。
IMGS1984s.jpg
 かなり薄くなっているが、「正一位勢田稲荷大明神 大正八年二」の文字が読み取れる。
IMGS1990s.jpg
 勢田稲荷大明神の右下に見える大きな石は、石室入口の天井部分。
IMGS1993s.jpg
 僅かな隙間が見える。埋め戻されているが、ここが石室の入口。
IMGS1973s_20141013144039383.jpg
 標石の隣に案内板が設置されているのだが、文字がかすれていて読み取るのは難しい。なので、群馬県埋蔵文化財調査事業団の荒砥富士山古墳のページを見ると詳しく書かれている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード