三宝荒神(小屋原町)

IMGS4544s.jpg
 稲荷神社前から南下して行くと、前橋市消防団第十五分団三部車庫詰所の東隣の塚上に三宝荒神(前橋市小屋原町字本郷)が鎮座している。
IMGS4543s.jpg
 正面。
IMGS4540s.jpg
『荒神様(三宝荒神)
 信仰の初めとお堂の創設年代は、推定四○○年前、
         仏宝 仏陀
 仏徒の三つの宝 法宝 教法 (小屋原町では特に火伏の神で祀る)
         僧宝 修行

 仏法僧を守護する神様
 火伏せの神として信仰され火災除け即ち防火の守護神。
 1、屋内の火を使う場所(カマド)に祀られ火の神、火伏せの神とされている。
 2、屋内に祀られ屋穀神、国賊神、集落神
 3、牛馬の守護としての信仰
 縁日は、七月三十一日。本縁日は八月一日(八朔)。
 当日は多くの町民がお参りに来ている』
IMGS4546s.jpg
 御神木の栃の木は樹齢三百五十年以上で、小屋原町指定一号の天然記念物とされている。
IMGS4549s.jpg
 御神木の根本に置かれた石祠。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード