摩利支天尊(下増田町)

DSCF0857s.jpg
 今宮八幡宮の南東200m程の道端に鎮座する摩利支天尊(前橋市下増田町)。
『摩利支天尊百拾年祭記念碑
 摩利支天尊は、明治十九年十一月二十八日に当時の佐波郡芝根村川井の御本社より守護神として奥原の地に分祀されました。以来この日を御例祭日と定め毎年茅の御仮屋を造奉る慣例としておりました。昭和四十年四月十六日に摩利支天神社を造営して今に至っております。
 時代は、明治、大正、昭和、平成の時を経て百拾余年を迎えております。この度奥原組氏子三十八戸の総意にて末永い繁栄とご加護を祈念し、百拾年祭を執り行いました。
 平成十二年十一月二十八日』
DSCF0853s.jpg
 道祖神。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード