井出上神社(飯土井町)

IMGS4843s.jpg
 国道17号上武道路と県道74号伊勢崎大胡線が立体交差する江龍跨道橋交差点の東400m程に鎮座する井出上神社(前橋市飯土井町甲1)。
IMGS4845s.jpg
『群馬縣管下上野國南勢多郡飯土井村字中央
 村社井出上神社
一、祭神    罔象神 保食神
  祭神追記  倉稲魂命 大日孁命 須佐之男命 豊宇氣姫命
        火産靈命 菅原道真公 大宜都比売
一、由緒 創立年月不詳
     當井出上ノ社号ハ井堤ノ邊ノ義ニシテ境内ニ井堤アリ、里俗此ヲミタラシト称
    シ極旱ノ年ト雖モ常ニ水絶ル ナシ、亦社地ノ北辺ニモ溜井堤アリ、是本村田方
    用水ノタメ古来設ル所ナリ、今村号ヲ飯土井トイフ、土ノ字ハ出ノ書誤レルニテ
    井デノヘノ誤云ナルヨシ、今モ近郷ノ俗ハイヒテ井ト称スルモノ多ク有之、尚飯
    土井村ノ村号ハ産ノ神社ノ旧号ナルヨシ村老古来申傳フ、亦社辺ノ田畑耕耘ノ際
    時々曲玉管玉祝甕等ヲ掘出ルモノ有之、コハ疑フベクモアラス、往古彼ノ地ヘ祭
    典ノ器物ヲ埋メシナルヘシ、上野国神名帳ニ従四位井出上明神ト記載アルハ當社
    ナリ、イツノ頃ヨリカ稲荷神社ト唱ヘシヲ明治十一年願済之上改称
     明治四十一年五月廿二日許可、本社境内末社山神社、仝村字南平無格社稲荷神
    社、仝境内末社五社、仝村字石山無格社石神社、仝村字二ノ堰無格社八坂神社、
    仝村字中央無格社神明宮ヲ合併セリ
     明治四十四年九月一日明治三十九年勅令第九十六號ニ依リ神饌幣帛料供進神社
    トシテ指定セラル
一、境内末社 七社
 木花開耶姫神社  祭神 木花佐久夜姫命
 雷電神社     祭神 大雷命
 阿夫利神社    祭神 大山祇命
          明治四十一年五月廿二日許可、境内末社山神社ヲ本社ヘ合併シタリ
 八幡神社     祭神 誉田別命
 琴平神社     祭神 大物主命
 厳嶋神社     祭神 市杵島姫命
 山神社      祭神 大山祇命
          明治四十一年五月廿二日許可、末社阿夫利神社ヘ合併
 久須志神社    祭神 大己貴命 少彦名命』
(「上野国神社明細帳」より抜粋)
IMGS4856s.jpg
『井出上神社誌
祭神 罔象神、倉稲魂命、須佐之命、保食命
   大日孁命、豊受姫命、火産霊命、菅原道真公
由緒 不詳、伝上野国神名帳に、従四位井出上明神とあり後に稲荷神社と改め、更に明治
  十一年井出上神社に改称した。明治四十一年(1908)稲荷神社(南平)八坂神社(二
  ノ堰)石上神社(石山)神明宮(中央)を合祀し、本殿は寛延元年(1748)建築、大
  正四年鳥居を石鳥居にかえた。昭和二十四年本拝殿茅ぶきを、瓦ぶきに模様替し、昭
  和四十四年舞台を瓦ぶきにした。昭和五十五年社務所、神泉池(弁天池)、運動広場
  造成。平成二年御大典記念大修理竣工、井出上は、いずみ湧く上に鎮座せる意味であ
  り、現在も赤城山の伏流水が湧き出て神泉池を満している。
祭日 一月  一日 元旦祭    三月二十四日 例祭
   七月三十一日 八坂祭    八月  一日 御輿渡り
   十月 十七日 秋祭    十一月二十四日 感謝祭
   十二月 七日 献穀祭   十二月 三十日 大祓
境内社 雷電神社、厳島神社、阿夫利神社、久須志神社
    八幡神社、琴平神社、木花開耶姫神社
社殿 中宮、本殿、拝殿、舞台、社務所、手水舎』
DSCF0936s.jpgDSCF0921s.jpg
 前橋市天然記念物の椎。
IMGS4862s.jpg
 椎の傍に山神宮。
IMGS4860s.jpg
 拝殿正面と狛犬。
IMGS4908s_20141125181650310.jpg
 斜め。
IMGS4914s.jpg
 横から。
IMGS4864s.jpg
 左から大国主神、天照皇大神・大己貴命・少彦名命・埴山姫命・倉稲魂命、不明。
IMGS4869s_201411251855136d3.jpg
 道祖神。
IMGS4877s_20141125185512e72.jpg
 なんだろう、輘祖神? いや、輘だとまずいか。道祖神だろうな、多分。
 左から三つめの石祠の額には「菅霊」と刻まれている。菅原道真公を祀っているのだろうか。その右隣の石祠は文字が薄くなっていて読み取れず、その右の石祠の額には「大宜都姫」、更にその右の石祠の額には「愛宕」の文字が刻まれている。他は不明。右端の祠は古札納所。その陰に隠れて小さな庚申塔が一つ。
IMGS4891s.jpg
 道祖神の脇から裏参道が延びており、そちらへ向かうと北の鳥居が上武道路に面して建てられている。
IMGS4898s.jpg
 井出上神社社殿西側に富士塚があり、その麓に鳥居が建てられている。
IMGS4900s.jpg
 塚の頂には石祠が三基並び、左から冨士山、雷電宮、石尊宮。
 冨士山と刻まれた石祠が木花開耶姫神社で、石尊宮が阿夫利神社なのだろう。
DSCF0952s.jpgIMGS4922s_201411251919373a4.jpg
 社号標石の西側に神泉池があり、その中で祀られているこちらは厳島神社だろう。

 以上で11月22日参拝分終了。
 使用機材はK-5IIsにDA20-40mm。Finepix AX300。X30。
 木瀬村誌を見ると、下増田には今回巡った神社の他に須永の八幡宮と大松の稲荷社があるとのことなのだが、それがどこなのかがわからない。まぁ、仕方がないか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード