雷電神社(横沢町)

IMGS5656s.jpg
 群馬県道34号渋川大胡線脇にあるセブンイレブン前橋横沢町店とミニストップ大胡横沢店の間の道を北へ向かって行くと、横沢多目的集会センターの敷地の隅に雷電神社(前橋市横沢町368)が鎮座している。
『群馬縣管下上野國南勢多郡横沢村字向山
 無格社 雷電神社
  明治四十二年六月五日許可、同村大字河原濱村字根古屋村社近戸神社ヘ合併、村社大
 胡神社ト改称セリ
一、祭神 大雷命
一、由緒 不明
一、境内末社 二社
 大山祇神社  祭神 大山祇命
 菅原神社   祭神 菅原道真公』
(「上野国神社明細帳」より抜粋)

『オライレンさま(雷電様)
 横沢の鎮守様は赤城神社であったが、明治の末年頃に大胡の近戸神社に合併したので、そのあとは、オライレンさまが信仰の中心となっている。このおまつりは、もとは旧の七月二十五日、現在は八月三十、三十一日である。この日は赤飯をふかして祝い、親類のものを招待した。横沢のオライレンさまのおまつりのときは、まるでお振舞のようだといわれるほどにぎやかであった。
 日でりのときには、オライレンさまのご神体(赤い顔をしたオライレンさまが、太鼓を腹にまいている。山犬かキツネのようなものをつれている)を出して、川へもって行って水をかけて雨乞いをした。
 オライレンさまのまわりには、馬のわらぐつがあがっていた』
(「大胡町誌」より抜粋)
IMGS5658s.jpg
 境内末社は見当たらなかったが、雷電神社から40m程南側の十字路脇に庚申塔があった。
IMGS5660s.jpg
 庚申塔から少し東に向かうと、頂に石祠の置かれた塚がある。大胡町第39号墳と呼ばれる古墳であるのだそうだ。ここからすぐ南東に第40号墳もあるが、そちらには祠は見当たらない。なんとなく私有地ぽい感じがしたので近寄っていないが、なにを祀っているのだろう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード