神明宮(堀越町)

IMGS5826s.jpg
 足軽町公民館の東隣、群馬県道3号前橋大間々桐生線に面して鎮座する神明宮(前橋市堀越町)。前回参拝した八幡神社とは僅か250m程の距離。
『群馬縣管下上野國南勢多郡堀越村字勝山
 無格社 神明宮
 明治四十二年六月五日許可、同村大字河原濱村字根古屋村社近戸神社ヘ合併、村社大胡神社ト改称セリ
一、祭神 大日孁尊
一、由緒 不詳
一、境内末社 六社
 古峯神社  祭神 日本武命
 三峯神社  祭神 大山祇命
 八坂神社  祭神 素盞嗚尊
 大山祇神社 祭神 大山祇命
 諏訪神社  祭神 建御名方命
 稲荷神社  祭神 保食命』
(「上野国神社明細帳」より抜粋)

『神明宮は勝山に鎮座している。この神社はもとは養林寺の境内にまつられていたものという。祭日はオクンチ(十月十九日)。以前は祭日には灯籠っ子が灯籠をつけた。
 このときには子どもたちは神社に泊った。村の人たちは赤飯をたいて早朝に神社へおまいりに行った。一番まいりをすれば蚕があたるといわれた。子どもたちは供えた赤飯を食べた。神明様の境内には上野十二社(石宮が十二社ある)がまつられているが、この祭日は一月十二日』
(「大胡町誌」より抜粋)
IMGS5790s_20141223231642510.jpg
 拝殿正面。
IMGK8746s_201412232316422e2.jpg
 拝殿横から。
 拝殿裏に石段があり、その上に本殿。
IMGS5791s.jpg
 本殿。額部分には大神宮と刻まれている。
IMGS5793s.jpgIMGS5821s.jpg
 その両脇に三基ずつ石祠が並んでいるが、右端の三峰神社・古峯神社以外は不明。
IMGS5795s.jpg
 石段左側に八坂神社。
IMGS5799s.jpg
 石段右側には疱瘡神社と石碑。その奥に末社群。
 石碑に刻まれた碑文は以下の通り。
『上野十二社詣者居多矣然所在隔絶一周消数日其所
 不便也依議有志合祀于茲芝偏在祈土地之平安供信
 者之便宜也
 明治卅年九月十六日』
 末社群は左から不明、大国主神社、甲波宿祢神社、伊香保神社、宇藝神社、火雷神社、賀茂神社、赤城神社、倭文神社、小祝神社、不明、貫前神社、猿田彦大神x2。上野十二社と言うことは、文字が薄くなっていて読み取り難い二社は榛名神社と美和神社だろう。
『疱瘡神
 神明様の境内に疱瘡神様がまつってある。子どもに疱瘡をうえさして、一週間目にウツギの木で疱瘡棚をつくって、それから毎日赤飯をあげたり、おさい銭をあげたりしておまつりをして、十二日たってから疱瘡神さまのところへ疱瘡だなをもっていって疱瘡おくりをした』
(「大胡町誌」より抜粋)
IMGK8737s.jpg
 大胡神社境内に設置された太々神楽の案内板には、明治四十二年の神社合祀により、足軽町神明宮の神楽殿は大正元年に大胡神社へ移転されたと記されている。古くはこの境内のどこかに神楽殿があったのだろう。
IMGS5834s.jpgIMGS5833s_2014122323323681a.jpg
 神明宮から東へ130m程、本間建設の脇に青面金剛
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード