愛宕神社(川端町)

IMGS7484s.jpg
 日輪寺のほぼ真北300m程の距離に位置する愛宕神社(前橋市川端町215)。
 鳥居の柱には「安永九庚子十二月吉且」と刻まれているので1780年の造立。
『愛宕神社
一、所在地 南橘村大字川端字山下
二、祭神  火産霊命、大日霎命
六、祭日  四月二十四日、十月二十四日
七、境内末社
 雷電神社(大雷命)、八幡宮(誉田別命)、猿田彦神社(猿田彦命)
八、由緒沿革その他
 この神社の由緒は明らかでないが、明治三十三年十一日に許可を得て、同所の無格社神明宮を合併して現在に及んでいる』
(「南橘村誌」より抜粋)
IMGS7431s.jpg
 石段登り口に庚申塔。側面には「萬延紀元歳次庚申季冬」と刻まれている。
IMGS7433s.jpg
 斜面に朽ちかけた木祠があるが、何神社なのかはわからない。
IMGS7438s_2015031821331934c.jpg
 薬師如来堂。
IMGS7444s_201503182133188fa.jpg
 二の鳥居。
DSCF2210s.jpg
 振り返るとこう。
IMGS7450s_20150318213317043.jpg
 拝殿。
IMGS7467s.jpg
 末社。
 社名を記した額が掛けられてはいるのだが、文字が薄くなっていて殆ど読めない。その左には秋葉大権現と甲子大黒天。
IMGS7454s.jpg
 道祖神と二十三夜塔。
 その横には「急傾斜地崩壊危険区域」と書かれた杭が立てられているのがちょっと怖い。
IMGS7472s_20150318222356655.jpg
 末社。
 こちらも何神社なのかさっぱりわからないが、左の二基は二猿や二鶏らしきものが陽刻されているので庚申講に関係したものであろうか。
IMGS7459s_2015031822252446e.jpgIMGS7461s.jpg
 二猿と二鶏?
IMGS7456s.jpg
 二猿かな。
IMGS7462s.jpg
 力石でもないだろうし、なんだろうこれ。態々覆っているのだから御神体かなにかだろうか。それにしては雑だが。
IMGS7487s_201503182225422c1.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード