御嶽神社(住吉町四丁目)

IMGS8451s.jpg
 中河原駅の北西200m程の位置に鎮座する御嶽神社(府中市住吉町4-6)。
IMGS8447s.jpg
 拝殿。
IMGS8458s.jpg
『御嶽神社由緒
 御嶽神社は、江戸後期文政年間の記録には、山王御嶽合社とあり、山王神社のご祭神である大山咋神と、火災・盗難除けで名高い東国の霊場西多摩の御嶽山より勧請した大阿奈牟知命をご祭神とし、合せ祀っている。
 明治三年十月村社に列せられ御嶽大神と称したが、同二十九年四月に御嶽神社と改称した。その後同じ中河原の八幡神社を合祀、ご祭神は応神天皇である。
 古来より中河原村の鎮守であり、福の神、縁結びの神として崇敬された産土神である。
 また武蔵国の護り神である大国魂神社と同じご祭神であるとも伝えられている。
 例祭日は九月十五日である。
 平成十三年三月吉日』
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード