武蔵一之宮小野神社(一ノ宮一丁目)

IMGS8520s.jpg
 聖蹟桜ヶ丘駅の北西500m程の位置に鎮座する小野神社(多摩市一ノ宮1-18-8)。
 こちらの神社は大宮の氷川神社と共に武蔵国一宮を称している。公式サイトはこちら
IMGS8523s_2015042614125904d.jpg
 随神門と狛犬。
DSCF2676s.jpgDSCF2675s.jpg
 随神。
IMGS8613s.jpg
 随神門のあちこちに彫刻が施されている。
IMGS8532s.jpgIMGS8534s.jpg
 西面の彫刻。
IMGS8541s.jpgIMGS8537s_2015042614402916c.jpg
 南面の彫刻と北面の彫刻。
IMGS8552s.jpgIMGS8549s.jpg
 門に入ると左右に雷神と風神の彫刻。
IMGS8544s.jpgIMGS8555s_201504261441591cd.jpg
 玄武。
IMGS8553s_2015042614420169d.jpgIMGS8554s.jpg
 東面には虎の彫刻と龍の彫刻。
DSCF2685s.jpg
 随神門を抜けると広い境内。
IMGS8577s_20150426150743fee.jpgIMGS8579s.jpg
『東京都指定有形文化財(彫刻) 木造随身倚像
 所在地 多摩市一ノ宮一丁目18番地8
 指定  昭和五十年二月六日
 小野神社の起こりは古く八世紀中頃とも言われ、中世には武蔵国衙に近在する筆頭の神社、武蔵一宮であった。
 武蔵一宮小野神社については現存する史料が極めて乏しい中で、昭和四十九年にこの随身倚像に墨書銘があることが発見された。
 墨書銘によれば、この二軀にうち古い方の随身像は、元応元年(1319)因幡法橋応円・権律師丞源らにより奉納されたもので、その後、寛永五年(1628)に相州鎌倉の仏師大弐宗慶法印によって彩色などの補修が行われ、その際新しい方の像が新調されたことを伝えている。
 どちらも檜材、寄木造、胡粉地に彩色が施され、頭部は挿首、玉眼。
 都内では、室町時代以前の随身像は数少なく、また武蔵一宮小野神社の歴史を伝える数少ない資料の一つとして貴重な文化財である。
 平成十三年三月三十一日』
IMGS8587s.jpg
『延喜式内 武蔵国一之宮 小野神社
御祭神
 天乃下春命
 瀬織津比咩ノ大神
 伊弉冉尊
 素戔嗚尊
 大己貴大神
 瓊々杵尊
 彦火火出見尊
 倉稲魂命
末社
 伊勢神宮内宮
 伊勢神宮外宮
 三嶋神宮
 八坂神社
 愛宕神社
 安津神社
 日代神社
 鹿島神社
 子安神社
 嚴嶋神社
 方便神社
 秋葉神社
 稲荷神社
 堰宮神社
例祭
 元旦祭    一月一日
 節分祭    二月節分
 初午祭    二月初午
 祈年祭    二月第二日曜日
 末社祭    四月第一日曜日
 六所宮神幸祭 五月五日
 例大祭    九月第二日曜日
 新嘗祭    十一月第二日曜日
 除夜祭    十二月大晦日』
IMGS8618s.jpg
 拝殿。
IMGS8593s_20150426145621624.jpgIMGS8597s_20150426145620244.jpg
 狛犬。
DSCF2697s.jpg
 本殿。
IMGS8566s.jpg
 少し引いて。
IMGS8585s.jpg
 稲荷大神宮。
IMGS8573s.jpg
 末社殿。
 左から八坂神社、愛宕神社、日代大神、方便神社、子安神社、安津神社、厳島神社、三嶋神社、鹿島神宮、天照皇大御神・豊受姫大神が祀られており、末社殿の右に見える赤い小祠は秋葉大権現。
IMGS8574s.jpg
 末社殿の中に堰宮神社の名は見当たらなかったが、こちらが堰宮神社なのだろうか。
IMGS8564s.jpg
 絵馬掛所の脇に注連縄を巻かれた石があるが、こちらはなんなのだろう?
IMGS8603s.jpg
 南門。
IMGS8608s.jpg
 南の鳥居。
IMGS8619s.jpg
 川崎街道に面して建てられた参道入口の標石。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード