百草八幡宮(百草)

IMGS8626s.jpg
 京王百草園のすぐ南に鎮座する百草八幡宮(日野市百草867)。
 川崎街道から京王百草園までは緩い坂道が続いており、分倍河原駅から百草まで歩いて来てややヘロヘロになりかけていた身には少しばかりしんどいものの、のんびり上っていたのだが、百草園まであと130mと書かれた看板のある場所から急激に勾配が強くなり、途中何度か休みつつ上ってようやく到着。マジ体力無いわー○刀乙
 でも実は下りの方が膝に負担が掛かったりするので上りはまだマシだったりする。
IMGS8631s.jpg
 神門と言う訳でもないのだろうが、雨覆屋根の付いたゲートがある。
IMGS8704s.jpg
 拝殿と狛犬。
 由緒書きが見当たらないので日野市観光協会のサイトを見ると、創建時期は不明だが、少なくとも天平年間(729~749)には存在していたようだ。御祭神は誉田別命、気長足姫命、武内宿禰、源義家の四柱。
 康平五年(1062)、奥州征伐の折に当地に立ち寄った源頼義が再建したと伝えられているそうだが、しかし御祭神の一柱として祀られているのは頼義ではなく子の義家……。
IMGS8695s.jpgIMGS8693s_20150426161829430.jpg
 拝殿前に小さな狛犬。
 台座には昭和五十三年十一月吉日とある。
IMGS8714s.jpg
 拝殿斜めから。
IMGS8673s.jpg
 本殿。
IMGS8640s.jpg
 末社。
『秋葉山大権現 稲荷神社 御嶽神社 遷宮記念碑
 秋葉山大権現、稲荷神社、御嶽神社ハ古来ヨリ農村デ五穀豊穣、作柄ノ占ノ祈願等農家ノ神様トシテ祀ラレ、神社行事ガ行ハレタモノデ此ノ三社ハ明治六年ニ百草ノ農家四十八名ヲ以ツテ譲与ヲ受ケタ共有地ノ中ニ古クカラ祀ラレテアリマシタガ、明治三十六年ニ倉沢、百草、河内、後原ノ小字ニ分割サレタモノデスガ從来ヨリノ社地ハ其ノマゝ社有地トシテ四十八名ガ管理ヲ行ツテ来タモノデス。然ルニ時代ノ変化ト共ニ土地開発ノ波ガ迫リ、古イ歴史ヲ持ツ此ノ地域ハ、美シイ自然ノ姿ヲ存続スル事ハ出来ナクナツタ、依ツテ八幡神社現在地ヘ御遷座シ奉リ永久ニ記念スル為茲ニ之ヲ建テタルモノナリ。
 秋葉山大権現 遷宮前所在地 百草七七九番地 三畝十五歩
        昭和四十一年十一月一日 東電学園学校敷地ヘ
 御嶽神社   遷宮前所在地 百草九四九番地 七畝歩
        昭和四十四年七月 日本信販建設会社へ
 稲荷神社   遷宮前所在地 百草一○七八番地 一畝歩
        昭和四十四年十一月 帝京大学学校敷地ヘ
  昭和四十七年二月吉日建之』
DSCF2742s.jpg
 どの祠が何神社なのかわからないが、
IMGS8646s_20150426162259e6c.jpg
 こちらは側面に大きく「秋葉山大権現」「明和六巳丑天九月大吉日 倉澤講中」と刻まれている。ちなみに明和六年は1769年。
IMGS8666s.jpg
 阿弥陀堂。
IMGS8668s.jpg
 銅造阿弥陀如来坐像案内板。
IMGS8661s.jpg
 松連禅寺の碑。
IMGS8660s.jpg
 松連禅寺の碑解説板。
IMGS8670s.jpg
 八幡宮の社殿南側からぐるりと裏手に回って行くと、
IMGS8685s.jpg
 松連寺詩碑が建てられている。
IMGS8682s.jpg
 松連寺詩碑解説板。

 以上で4月18日参拝分終了。
 使用機材はK-5IIsにDA15mmとDA20-40mm、50-150mm II。X30。
 この後は高幡不動駅まで歩き、そこからモノレールで多摩動物公園へ。京王れーるランドで鉄道むすめ巡り2015のスタンプを押し、グッズを買ってから帰宅。
 この日の歩数は31,448歩。大体15kmくらいは歩いたのかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード