武国神社(北区奈良町)

IMGS8847s.jpg
 大宮奈良郵便局の西100m程の位置に鎮座する武国神社(さいたま市北区奈良町158-1)。
IMGS8866s.jpg
 狛犬。
IMGS8860s.jpg
 拝殿。
DSCF2753s.jpg
『武国神社 御由緒
 さいたま市北区奈良町一五八‐一
御縁起(歴史)
 奈良瀬戸は、江戸時代には大谷領、更に古くは吉野領に属したと伝えられる。その地内には、大宮市内における縄文時代の代表的な遺跡の一つである奈良瀬戸遺跡があり、昭和三十六年以降三度にわたる発掘で、土器や石器など膨大な遺物が出土している。
 通称を「氷川様」というように、当社は元来は氷川神社と称し、奈良瀬戸村の鎮守として祀られてきた社である。「風土記稿」奈良瀬戸村の項に「氷川社 村内の鎮守なり、宝性寺持」と記されているのがこの氷川神社で、由緒については詳らかではないが、村の開発に伴い、武蔵国一宮の氷川神社を勧請して祀ったものと推測される。一方、別当の宝姓寺は普門山満蔵院と号し、阿弥陀如来を本尊とする真言宗の寺院で、壮麗な堂宇や風致ある庭園があったという。しかし、神仏分離の後、明治五年の「維持困難な寺院仏堂は廃すべし」との太政官布告によって廃寺となった。現在の観音堂は、その跡地に建立されたものである。また当社境内の稲荷社は宝姓寺で祀っていた社である。
 氷川神社は明治六年に村社になり、政府の合祀政策によって明治四十年に大字吉野原(現吉野町)の金山社・天神八幡社・鹿島社を合祀し、これを機に武国神社と改称した。社名については、特に伝えはないが、前身の氷川神社が武蔵国一宮の分霊であることに由来すると思われる。なお、金山社と鹿島社は太平洋戦争後に吉野原に戻された。
御祭神と御神徳
・素戔嗚尊・・・武運長久、厄除け、商売繁盛
御祭日
・元旦祭(一月一日) ・夏祭り(三月二十八日)』
IMGS8859s.jpgDSCF2754s.jpg
 本殿。
IMGS8857s_20150428222003e63.jpg
 稲荷社。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード