南方神社(北区吉野町二丁目)

IMGS8870s.jpg
 埼玉県道164号鴻巣桶川さいたま線吉野町交差点の北側に鎮座する南方神社(さいたま市北区吉野町2-25-4)。
IMGS8872s.jpg
『南方神社
 鎮座地  さいたま市北区吉野町
 御祭神  建御名方命 軻遇突智命
      大雷命   倉稲魂命
      素盞嗚命  天照大御神
      手力雄命  金山彦命
      火産霊命  木花咲耶姫命
 年中行事 元旦祭   一月一日
      春祈祷祭  三月二十七日
      例祭    八月二十七日
      お日待祭  十月九日
 御神紋  梶の葉』
IMGS8873s_20150429132028536.jpg
『南方神社由緒
 当社は往古、信濃国一之宮諏訪大社の大神を吉野原の村人が村の鎮守として勧請したものであると伝える。鎮座地の地名「鈴木」は中山道の側にあり樫が鬱蒼と生い茂ることから、夏も爽やかな風の通る涼木に由来する。主祭神は「明細帳」に「建御名方命」と載る。社名「南方」は主祭神建御名方命にちなむものであるとともに諏訪湖を現わす「水潟」にゆかりがある。
 境内にある手水鉢の銘文には「武州足立郡吉野原村字鈴木惣氏子中文政十三寅年(1830)七月吉日」とある。これは寅と申の年、すなわち七年目ごとの寅と申の年に行われる諏訪大社式年造営の御柱祭に合せて造ったものである。
 別当は「風土記稿」に「不動院持ち」とある。不動院は、村内の真言宗清浄院門徒で、同寺住職の隠居寺であった。
 造営は、文久年間(1861~1864)に社殿の改修が行われた。このとき本殿・拝殿の形式を整えるために、覆屋を拝殿とし、更に、参拝者の便に供するために唐破風屋根を付けた。
 明治四十年五月二十二日、「明細帳」によると、大字吉野原神山無格社の愛宕雷電稲荷合社と境内社八雲社・明神社・女神社、大字大谷別所字山王前の無格社八雲社、字神明無格社の神明社、字稲荷村社の稲荷社と境内社雷電・金山・竃神合社・浅間社を当社に合祀し南方神社とした。平成三年三月には、御大典を記念し、氏子の浄財をもって当時の拝殿を残し、新たに幣殿と本殿、平成二十一年伊勢式遷宮に合わせ鳥居・境内整備の造営を加える』
IMGS8875s.jpg
 拝殿。
IMGS8877s_20150429132025741.jpg
 本殿。
IMGS8878s.jpg
 神輿庫かな?
 奥の方でなにやら作業をしていたが、山車でも造っていたのだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード