慈眼神社(鬼怒川温泉滝)

IMGS9094s.jpg
 藤原消防団第五分団第三部機械器具置場の向かい側に鎮座する慈眼神社(日光市鬼怒川温泉滝1078)。
 社号標石とその隣に立てられた鬼怒川温泉七福神の標柱には、なぜか慈眠神社と記されている。
 以前、栃木市藤岡町の示現神社のエントリーで慈眼明神を示現神社と改めたとの記録があると書いたが、こちらも示現神社と同じ系統であるのだろうか。示現(慈眼)神社は二荒山神社や観音信仰と深い繋がりがあるそうで、ここから北東650m程の位置にある日蓮宗慈眼寺は勝道上人が慈眼観音堂として建立したものと伝えられているのだそうだ。ちなみに勝道上人は二荒山神社の創建にも関わったとする話もあるのだとか。
『主祭神 大己貴命
 当社の記録は、先代名主沼尾善平の頃、戊辰の役の際に会津軍の戦火に遭い、当字全戸と共に焼失。由緒の詳細は不明だが、言い伝えによると享保年間(1716~1736)の創設という』(「栃木県神社誌」より抜粋)
IMGS9104s.jpg
 鳥居。
 柱には天保三年壬辰七月大吉祥日と刻まれているので、1832年の建立。
IMGS9111s_20150524182531f95.jpg
 覆屋の中に本殿が見える。
 左右の石祠は不明。
IMGS9115s_20150524182531167.jpg
 本殿。
IMGS9118s_20150524182530b6b.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード