源中稲荷神社(大泉町寄木戸)

IMGS9571s.jpg
 寄木戸長良神社から南西に400m程、庚申堂の北西330m程にある円墳の頂に鎮座する源中稲荷神社(邑楽郡大泉町寄木戸397)。
『源中稲荷神社
鎮座地 大泉町大字寄木戸字稲荷林三九七番地
 寄木戸南部の坂本稔康の西に、古くから信仰をあつめている稲荷神社がある。古墳状の塚のいただきに宅相よろしく鎮座している状は、境内の森と調和して、祠こそ小さいが霊験を感じさせる。その昔、この辺に白狐が住んでいて、信者に御利益を授けたという。
 神社南の参道は旧の古海より尾島に通ずる街道で、稲荷様近くは花見街道といって、北側には桜並木が南側には松並木が植えられて桜の名所でもあった。この道を境に南が植松、北が稲荷林と今に名が残る。
 社元の話では、古くは三尺四方の祠だったが、明治二十五年、伏見稲荷より源中稲荷の称号をもらって分祀した社だという。村人はその年に、村中で九尺四方の神社を建ててお祝いし、その後、毎年旧二午の日には多くの信者が四方から参拝にくる様になり、社頭がにぎわったという。
 明治二十五年(1892)より昭和四十七年(1972)まで村中でお祭りしたが、現在は坂本稔康の私祭社である。
 この塚の周りから、正和二年(1313)の板碑が二つ出ているので、創立年代は詳らかでないが正和二年前後と思われる』
(「大泉町誌」より抜粋)
DSCF3567.jpg
 畑の中を通る参道。
IMGS9573s.jpg
 鳥居三基。
IMGS9574s.jpg
 円墳の東斜面に設けられた石段を上った先に社殿。
IMGS9586s.jpg
 大泉町誌に掲載されている写真を見ると、社殿前に石燈籠は無く、二基の鳥居が建てられている。大泉町誌の発行は昭和五十二年(1977)なので、その後に鳥居が移動されたりしたのだろう。
IMGS9577s_20150614202044a52.jpgIMGS9576s.jpg
 末社…かな? いずれも陶器や素焼きの狐が大量に納められている。
IMGS9562s_201506142021076a4.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード