神明神社(妻沼小島)

IMGS9647s.jpg
 小島公民館の隣に鎮座する神明神社(熊谷市妻沼小島2358)。
 社号標石は利根川の北を走る群馬・埼玉県道301号妻沼小島太田線に面して建てられている。小島公民館は道路から引っ込んだ位置にある為、301号線からはわかり難く、参道入口脇に建てられた熊谷市消防団小島分団の建物がいい目印になる。
IMGS9654s.jpg
 鳥居。
IMGS9706s.jpg
 拝殿。
IMGS9689s.jpgIMGS9691s.jpg
 昭和三十六年(1961)三月造立の狛犬。
IMGS9666s.jpg
『神明本社改造拝殿建築趣意書
村社神明社は天照大御神春日大神の御二柱を始め數社を合祀し奉りたる鎮守に
して該春日大神は元弘三年新田義貞公鎌倉北條氏討伐に際し脇屋義助當小島に
本陣を構へ祭りて以て戰勝を祈願したりと傳ふ爾来郷人の崇敬最も篤く神威四
方に赫赫たり明治四十二年本社拜殿等建築の工を起し略竣成したりしか翌年未曾
有の大洪水の為拜殿其他の設備は倒潰流失の惨害に罹りたり蓋し當所の地形其
前後に河川を控へ濁流奔騰の激甚中に在りしを以てなり然かも一人の死傷無く
又民家の流失するものなかりしは是偏へに神明社の御加護に依るものとして感
銘措く能はさる所郷人語つて曰く社殿の復興一日も忽諸にすへからすと然れと
も連年水禍の至れるあり區民の疲弊困憊甚しく再興の計畫容易に成らす神靈に
對し奉りて恐懼の極なりとせり現時社會の状勢は國體觀念の明微國民精神の作
興を緊急要務とするに至り之か實現を期するには敬神崇祖の根本觀念を培養す
るを以て最も捷徑なりとす是に於て社掌氏子一體となり本社改造並拝殿建築の
計畫を樹立して昭和十年四月工事に著手し年を閲すること三回今茲十五年四月
に至り甫めて其工を終へたり殿宇清明にして尊嚴神徳愈高く氏子の崇敬益深し
真に郷土の盛事にして國體の明微民心の作興に資する大なるものあるへきを信
す茲に聖圖を石に勒むに當り齋戒して敬仰の情を舒へ神威の餘徳を永く後昆に
傳へんとす乃ち誠恐誠惶して誌す
    紀元二千六百年聖戰第四年四月
                 衆議院議員石坂養平篆額撰並書』
IMGS9699s.jpg
 祠の中には御神輿が収められている。
 神輿の屋根部分に「水」の文字があるので、もしかしたら水神社なのかも知れない。
IMGS9694s.jpg
 末社。
 何神社なのかはわからないが、側面には安政六己未年の文字が見えるので1859年の造立。右奥の石碑には猿田彦大神と刻まれている。
DSCF3597s.jpg

 以上で6月13日参拝分終了。
 使用機材はK-5IIsにDA15mmとDA20-40mm、50-150mm II。X30。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード