八幡神社(三ヶ尻)

IMGS0831s_2015081119501696f.jpg
 熊谷市立三尻小学校の北隣に鎮座する三ヶ尻八幡神社(熊谷市三ケ尻2924)。
 一の鳥居は埼玉県道47号深谷東松山線に面して、熊谷市三尻公民館脇に建てられている。鳥居の傍に建てられた案内板は文字が薄れて読み難いが、主祭神は誉田別命、相殿に大日孁貴命と菅原道真公が祀られているとのこと。
IMGS0840s.jpg
 二の鳥居。
 こちらの北側に八幡神社の駐車場と靖国社がある。虫除けスプレーをしていたので蚊に刺されることはなかったのだが、車の乗り降りの際に蚊が入って来るのが鬱陶しい。とても鬱陶しい。
IMGS0847s.jpg
 三の鳥居。
IMGS0969s.jpg
 位置を変えて。
IMGS0859s_2015081119501383b.jpg
 拝殿。
IMGS0865s_20150811201618ef1.jpgIMGS0868s_20150811201618675.jpg
 狛犬。
 台座には新社殿竣工記念 平成十二年四月吉日とある。
IMGS0960s.jpgIMGS0964s.jpg
 背中。
IMGS0863s_20150811195012856.jpg
 狛犬のそばには祓戸大神。
DSCF4202s.jpg
 本殿。
IMGS0942s.jpg
『再建之碑
 篆額 鶴岡八幡宮 宮司 吉田茂穂
 当社の創建は 第七十代後冷泉天皇の御宇天喜四年 鎮守府将軍源頼義
義家父子奥州出陣の砌 当地に旌旗を停め戦勝を祈願したことに遡る 寿
永二年 後の征夷大将軍源頼朝 当時の三ヶ尻郷を相模国鶴岡八幡新宮若
宮御領として寄進されてより 当社は同宮の分祀として源家武士の崇敬篤
く 更には三ヶ尻の里の総鎮守として庶民の尊崇を集めていたのである
寛永六年には時の領主天野彦右衛門深く当社を崇敬し 八幡型大鳥居一基
と鷹絵額五枚を献上している 天保年間 三河田原藩家老華山渡邊登 故
あって当地に滞在し著した訪瓺録は 当時の深厳な境内と総彫刻極彩色の
本殿の威容を記し 往時の地域住民の崇敬深きを伺わせているのである
下って昭和二十年 郷社列格の栄に浴し 昭和六十三年 嘗て華山も紹介
した明和五年建造の本殿が熊谷市の文化財に指定された
 かくして氏子はもとより 近郷近在からの崇敬弥増し 神威は益々高ま
った 平成四年には 由緒深き本殿の尊厳を維持するべく 覆殿改築に着
手 工事は順調に進捗していた ところが同年十月二十日夜半 当然原因
不明の火災に遭い 完成を目前とした覆殿はもとより 本殿以下全ての社
殿を焼失するところとなった まさに青天の霹靂 関係者は茫然と自失す
るばかりであった しかし 一同悲しみを乗り越え社殿再建への思いに結
集し 八幡神社御社殿復興準備委員会を結成 計画の立案にとりかかった
平成六年には 予て要望していた第六十一回伊勢神宮式年遷宮の古殿舎撤
去古材譲与も聞き届けられるところとなり 約五十六石の檜材が平成六年
七月の佳日を卜し遥か伊勢路より搬送された また 本社鶴岡八幡宮には
物心両面に亙る支援を忝うし 社殿再建への気運はいやが上にも加速した
平成七年 八幡神社御社殿復興奉賛会を設立 伏して広く浄財を募ったと
ころ 赤誠溢れる氏子崇敬者等の暖かい協賛を賜り 遂に平成十年五月十
五日天高く響く着工の槌音を聞いたのであった 幸いにも本社との御神縁
により卓越せる技術を誇る建設業者に工事を依頼し 加えて地元建築業者
の協力を仰ぎつつ 本殿・拝殿・透塀の改築につき 懸案の境内整備事業
も完了した 時恰も皇紀二六六○年 御祭神応神天皇御降誕一八○○年の
佳年であった
 社殿完成により早一年 新緑目にしみる神域に思いを新たにし いささ
か慶事の経緯にふれその概略を石に刻し 併せて赤誠を捧げし各位の芳名
を後昆へ伝えんとする次第である
   平成十三年十二月吉日 八幡神社宮司 篠田宣久謹撰』
IMGS0877s_20150811203137412.jpgIMGS0878s_201508112031377ef.jpg
『無償譲與記念
指令社第一一、一三○号
 埼玉縣大里郡三尻村大字三ヶ尻字八幡二九二四 八幡神社
 昭和二十六年三月十四日許可 坪数二四八三坪 立木共
  
指令社第三四六号
 仝縣仝郡仝村仝字社裏六七一 田中神社
 昭和二十三年十月二十日許可 坪数一一七坪 立木共

右神社境内及立木は国有財産法に依り曩に上地せしが今回大蔵大臣の指令に依り実地測量を了し無償譲與許可申請の処八幡神社境内より有償譲與百七拾五坪を除き右の通り許可を得たるは氏子一同の喜びにて永久に追憶記念せんと刻して之を江湖に傳ふ』

『新營■記           権田健長撰文
武之三尻邨有八幡大神祠是邨之生社也里人處事之正
長年間草創之来物換星移社頭頽壊宮司播磨常憂之今
茲里人周勝房豊長等五人相謀壇遺四面為■高貮尺許
衆亦舉奔貨而助其費不日成之條然改観神威益赫於是
播磨大喜曰吾望是矣願記此㓛鐫之于石以備不朽竟謀
之余故余記其概旦賦一詩以代銘其詩曰
  祠頭来謁起威風 東帯儼携箭與弓
  ■就千秋長不朽 㓛畱一片碣辭中
慶應二丙寅年孟夏        権田正賢書』
 ■は「石」偏に「巣」旁。Unicode:25558。
IMGS0881s_2015081121082768e.jpg
 御嶽神社の前に建てられた鳥居。
 位置的には御嶽神社の鳥居とも、或いはその他の境内社全体の鳥居とも思えるが、どうなのだろう。
IMGS0892s.jpg
 御嶽神社。
IMGS0883s_20150811210825421.jpgIMGS0882s.jpg
 その傍らに三霊神と小御岳石尊大権現。
IMGS0894s_20150811210823e33.jpg
 末社殿。
 左から「林 稲荷神社」「上野 愛宕神社」「古家 天神社」「馬場 諏訪神社」「馬場 天手長男神社」「森 坂下 林 久保 天手長男神社」「八幡 雷電神社」「上宿 八坂神社」「宮嶋 赤城神社」「中宿 八坂神社」「橋下 稲荷神社」「城下 八坂神社」が祀られている。
IMGS0959s_20150811212150ca0.jpgIMGS0911s.jpg
 浅間神社と琴平神社。
 浅間神社に掛けられた額は、えーと……何宮って書いてあるんだろう? 浅間や仙元のようには見えないが。
IMGS0920s_20150811212235a54.jpgIMGS0958s.jpg
 冨士嶽大神と地神碑。
IMGS0928s_2015081121223457b.jpg
 神武天皇遥拝所。
IMGS0976s_201508112202048ec.jpg
 三尻村靖国社
IMGS0932s_201508112031361de.jpg
『八幡太郎義家公駒留の杉
 一○五六年奥州争乱(前九年の役)鎮定の砌 源義家公がこの杉に愛馬をつなぎ無事を祈願したといわれている』
 杉の根本に座する石祠は諏訪社と稲荷社。
IMGS0937s.jpg
 裏参道の鳥居。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード