坂上神社(本田)

IMGS1356s.jpg
 深谷市立川本南小学校の南側に鎮座する坂上神社(深谷市本田4898-1)。
 ちなみに「さかがみ」ではなく「さかうえ」と読むようだ。
 フカペディアによれば、天慶三年(940)に藤原秀郷が平将門追討中にこの地で病に罹り、信仰している上州赤城の神に祈ったところ平癒した為、この地に祠を建てて赤城の神を祀ったのが始まりとされているとのこと。後に秀郷の裔がこの地に移り住み、当地の地名を取って本田次郎近常と名乗り、社殿を再建して村の鎮守としたと伝えられているのだそうだ。古くは現在地よりも十町(約1.1km)余り西にあったそうなのだが、現在地に移転した時期は不明。
 御祭神は大己貴命と豊城入彦命、宇迦御魂命、菅原道真、軻遇突智命、天照大御神の六柱。新築記念碑の裏には明治四十四年(フカペディアによれば明治四十二年)に黒の谷の稲荷神社と後鷹の巣の愛宕神社を合祀して坂上神社と改称したとあるが、菅原道真公と天照大御神はどこから合祀したものなのだろう。
IMGS1309s_20150813150336983.jpg
 参道。
 ストリートビューを見ると、2012年7月にはまだ参道の脇に木々が残り、台湾産っぽい感じの狛犬も見当たらない。ここ二~三年程の間に今の姿になったのだろう。
IMGS1339s.jpgIMGS1340s.jpg
 狛犬。いや、どちらも阿形だから獅子と言うべきか。
 そう言えばこのタイプのもので吽形のものって見かけたことないな。
IMGS1333s_20150813150334017.jpgIMGS1332s.jpg
 平成二年十一月十二日造立の狛犬。
IMGS1324s_201508131609507a7.jpg
 昭和四十六年十月十五日に建てられた新築記念碑。
『当社は明治四十四年上本田赤城神社黒の谷稲荷神社後鷹の巣愛宕神社の財産等合併して坂上神社と改稱して現在に及ぶ 社殿は旧赤城神社を使用せしも甚しく老朽せる建物となりたるため神社基金並に愛宕神社持寄りの山林を売却して財源となし氏子中相計り本年二月總工費四五○萬円にて着工し同年十月竣工せり
 昭和四十六年十月十五日建之』
IMGS1335s.jpg
 末社群。
 石祠には社名が記されていないので何神社なのかは不明。右の三つは一心霊神と御嶽大神、不動明王。

 2015年9月6日追記。
「埼玉の神社 大里 北葛飾 比企」によると、末社の石祠は左から稲荷社、浅間社、天神社、神明社であるようだ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード