冨士嶽神社(押切)

IMGS1494s_2015090719083541f.jpg
 八幡若宮八幡神社から東へ250m程歩いて行くと、御正吉見堰幹線用水路脇に冨士嶽神社(熊谷市押切700)が鎮座している。
 尤も、その左側の双体道祖神ばかりが知られていて、冨士嶽神社の方は忘れられがちであるようなのだが。
IMGS1495s_20150907190834869.jpg
 冨士嶽神社。
 右側に明治元戊辰年十二月十五日とあるので1869年に建てられたものとわかるのだが、左はちょっと読み取り難い。二品太畢勆斌仁親王のように見えたが、誰だよそれ。で、少し検索をかけてみたところ、有栖川宮熾仁親王が嘉永二年(1849)に大宰帥に任命され、慶応三年(1867)に二品に昇叙しているので、二品太宰帥熾仁親王と読むのが正解かな。
IMGS1503s_20150907190832e5b.jpg
 双体道祖神と聖観音。
 双体道祖神は全高76cm、全幅27.5cmで寛政十年八月十一日銘があるそうなのだが、聖観音についての記述はあまり見当たらない。
DSCF4238s.jpg
『江南町指定文化財 寛政銘双体道祖神像
所 在 地  江南町大字押切七○○ 
所 有 者  押切区
指定年月日  平成九年一月二○日
 双体道祖神は野の石仏の中では異色で、白日下男女が愛情を表現するという双像に造られる。
 道祖神は日本古来の邪悪をさえぎる塞神と中国渡来の道祖神信仰との習合で道陸神(どうろくじん)やサイノカミと呼ばれ、村境や峠、辻、橋のたもとに立って外から入ってくる疫病や悪霊のたぐいを防ぎ、村人を守ってきた。
 押切の双体道祖神はドウロクジンサマと呼ばれており、足の神様としての信仰がみられ、足の病気になると大きなわらじをつくって奉納している。
 民俗の伝承という観点から見ても興味深く、町内唯一の資料として貴重である』


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード