八宮神社(嵐山町杉山)

IMGS2349s.jpg
 嵐山町立玉ノ岡中学校北の丘陵部に鎮座する八宮神社(比企郡嵐山町杉山671)。

『当社は小高い山の頂に鎮まる。その西方にはかつて鎌倉街道上道が走り、南西方向約一キロメートルの所には、鎌倉期の武将金子十郎家忠の居城と伝え、戦国期には松山城主上田案独斎の家臣杉山主水が居城したという杉山城址がある。
 社伝によると、当社は第四十五代聖武天皇の御代(724~48)の勧請である。天慶二年(939)には、平将門の乱の沈静のため当地の旧城に出陣した経基王が、朝敵征討・疫病消除を当社に祈願したところ霊験あらたかであったので、社殿を修繕し、四方四種の村落に分祀して八宮神社と号し、法施として仁王会六万部を行った。当社南西の六万部塚・六万部坂の地名は、これにちなむものであるという。
 最も古い資料としては明和四年(1762)の本殿造営棟札がある。これには「大蔵院法印春応代 村中氏子中」「大里郡川原明戸村棟梁飯田甚八郎清忠 弟子新分一平八」の墨書が見える。次いで文政二年(1819)の覆屋再建棟札があり、「当村領主森川氏家運長久」「別当杉山大蔵院法印春応代」と見える。両棟札に見える「大蔵院」は本山派の修験で、境内にその裔の杉山宝斎による寺子屋指南の業績をたたえて建立された頌徳碑がある。一方、「風土記稿」は「八宮社 村の鎮守なり、相伝ふ古は八王子権現を勧請せし社なりしが、何の頃にや八宮神社と改称ありしと云」と載せる。

 覆屋の壁に打ち付けてある江戸期の木札には「八宮大明神本地毘沙門天・吉祥天女」と記されている。内陣にはそれにかかわると思われる木像が安置されているが、傷みが激しく、また氏子の間にもその名称が伝わっていないことから明らかにできない。「明細帳」には、建速須佐之男命・大己貴命・稲田比賣命の三柱の祭神が載せられている』
(「埼玉の神社 大里 北葛飾 比企」より抜粋)
IMGS2352s.jpg
 鳥居の柱には文化十一甲戌年秋九月吉祥日と刻まれているので、1814年に建てられたものだ。
IMGS2355s_201509200920099fc.jpg
 参道。
IMGS2358s_2015092009200626b.jpg
 拝殿。
 屋根の上に鬼瓦があったり扉の格子に籠目紋があったりするのは魔除けかな。
IMGS2368s.jpg
 斜めから。
IMGS2361s_20150920094525118.jpg
『杉山寶齋退筆塚銘
枯茟成堆敗帋満屋是臨池家之所以成業也既資焉而成
業枯是瘞而表之示不忘其勞也寶齋杉山翁好臨池技積
功數十年頗極蘊奥不居所用之筆不啻數千百頃者其門
人請翁卜地八宮神祠側埋瘞之求余記余曰善昔者僧智
永善學書埋禿筆十甕號退筆塚賈浪仙除曰祭周歳所得
詩曰雖拙我精神也今寶齋用力如智永愛精神類浪仙瘞
而塚之祭而神之不親為之門人代為之是㝡可嘉也囙係
以銘銘曰
 褚䈥顔骨 躍躍逼神 我心既得 汝形當珎
 蔵諸山阿 永勒貞䂥
明治十六年六月 埼玉縣教諭中邨鼎五撰文
   修史館監事従五位勛五等巖谷 修書
   宮内大輔従四位勛三等杉孫七郎題額』
IMGS2364s.jpg
 石祠。何神社なのかは不明。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード