八宮神社(嵐山町廣野)

IMGS2378s.jpg
 杉山八宮神社の南東700m程の位置に鎮座する八宮神社(比企郡嵐山町廣野927)。

『桑畑に囲まれた参道を進んでいくと、目の前に「百庚申」と呼ばれる庚申塔群があり、そこを過ぎると「八宮明神社」の額の掛かった鳥居がある。鳥居から社殿までの参道は緩い坂になっており、その東側には、元は泉覚院と呼ばれる修験で八宮神社の祭祀に深くかかわってきた宮本家がある。
 当社の由緒は「比企郡神社誌」に「本社は清和天皇の貞観十年(868)本郡小川町下里の八宮神社を総社とし近郷七ヶ所に分霊を祀るといふ。当社は其の一社として鎮祭し、爾後、承平年中(931~38)源経基工東征の際当社に戦勝を祈願せしと伝ふ」とあるのが最も詳しく、「明細帳」では「由緒 不詳」としか記されていない。また「風土記稿」には「八宮社 村の鎮守なり、泉覚院持」「泉覚院 本山修験、男衾郡板井村長命寺配下、本尊不動を安ず」と載る。
 旧泉覚院の宮本家は、当社の氏子総代を務める当主の敬彦で三八代目という旧家で、英長の時に神仏分離に遭い、復飾して神職となり、広野(敬彦の祖父)の代まで神職を務めていたという。同家の邸内には鬼神神社が祀られているが、この鬼神神社は、同町川島にある鬼鎮神社の奥宮であるといわれ、同家が神職を務めていたころには悪魔祓いの神として多くの人から信仰され、ことに戦時中は朝敵平定の御利益を求めて祈願者が多かったとのことである。

 「明細帳」による祭神は、建速須佐之雄命・大己貴命・稲田姫命の三柱で、拝殿兼覆屋の中には本殿が三座ある。中央にある本殿はひときわ大きく、両脇にある本殿(左右とも同型)はかなり小さい。恐らく、中央の本殿には主祭神として建速須佐之雄命を祀り、左右の小さい本殿に大己貴命と稲田姫命を配祀する形になっているものと思われる。ただし、現在使われているのは中央の本殿だけで、その内陣には、本地仏の摩利支天像と、古風な幣束(年紀はないが江戸時代のものと思われる)と共に三柱の神を表した三連の幣束が祀られている。摩利支天像は年紀はないが、神仏分離以前から安置されているもので、拝殿内にはこの像を描いたと思われる額(昭和七年と十一年の二枚)も奉納されている。
 摩利支天は、日月の光を意味し、陽炎を神格化したものといわれ、しばしば猪の上の三日月に立つ姿が描かれる。その信仰としては武士の枕本尊とされたり、護身・隠身・遠行・得財・勝利が祈願されることが多い。しかし、八宮神社の信仰はあくまで村の鎮守としてのものであり、直接摩利支天に結び付くような信仰は見られない。
 年間の行事は、新年手打ち式(一月一日)、春季祭典(四月三日)、秋季祭典(十月十九日)、神嘗祭並びに竈注連切り(十二月十一日ごろ)で、新年手打ち式は区長主催の行事で、神職は関与しない』
(「埼玉の神社 大里 北葛飾 比企」より抜粋)

 当社は平成七年に全焼してしまったそうなので、現在では摩利支天像などは失われてしまったのだろう。
IMGS2393s.jpg
 鳥居と参道。
IMGS2392s.jpg
 参道右側に鬼神神社。
 参道に背を向けていたり監視カメラが付いていたりするから、八宮神社とは関係の無い神社なのかと思ったのだが、「埼玉の神社 大里 北葛飾 比企」の見取図を見ると鬼神神社が記されている。本文中には神職を務めていた宮本家の邸内と記されているから、八宮神社とは切り離されてはいるのだろう。 こちらは川島町にある鬼鎮神社比企郡嵐山町川島1898)の奥宮であるとされるそうだが、その距離はおよそ2km程も離れている。
IMGS2383s.jpg
 拝殿。
DSCF4350s.jpg
『社誌
広野八宮神社の御祭神は建速須佐之男命、稲田姫命、大己貴命、その縁起は平将門の乱にさかのぼる。江戸時代よりの社殿は平成七年二月十九日不審火により全焼す。氏子崇敬者の熱意と浄財により平成九年三月吉日再建を果たす。
総工費 二千八百万円
平成七年二月十九日午後四時不審火出火』
IMGS2388s.jpg
 琴平神社と榛名神社。
IMGS2391s.jpg
 斜めから。
IMGS2396s.jpgIMGS2395s_20150920111943007.jpg
 百庚申。
 花壇の囲いのようにも見えるが、なぜこのような配置にしたのだろう。

 以上で9月12日参拝分終了。そしてこれから昨日巡って来た寺社の写真整理やらなにやら。ふひー。
 使用機材はK-5IIsにDA20-40mm、DA FISH-EYE 10-17mm 、DA15mm、50-150mm II。*ist DSにFA43mm。X30。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード