八宮神社(小川町中爪)

IMGS2400s.jpg
 天台宗薬王山瑠璃光院普光寺の南隣に鎮座する八宮神社(比企郡小川町中爪1039)。

『中爪の八宮神社の創建の年代については、不明である。しかし、神社の東側にあり、「中爪の大師様」として知られ、江戸時代は八宮神社も管理していた普光寺が元和二年(1616)の創建と伝えられていることから、八宮神社は戦国期ごろの創建ではないかといわれている。
 また、「神社明細帳」には、「元毘沙門天と唱へ来りしも御維新以来素盞嗚尊と改称」と記されており、かつて村内にあった毘沙門堂と関係が深かったことがうかがえる。毘沙門堂は、地内の毘沙門谷津と呼ばれているあたりにあったといわれ、この堂を普光寺の隣に移した際、改称して神社としたものとの説もある。
 境内に祀られている東照宮は、徳川家康公を祀る社で、幕臣であった高木甚左衛門正則が寛永年間(1624~44)に家康公の御真影(絹本着色の画像)を普光寺に奉納した際に、これを安置するため建立されたものである。元は寺持ちであったが、明治以降、神仏分離によって一社となった。この御真影は普光寺に保管されており、毎年四月十七日(近年は十八日)にはこれを掛けて祭典を行う』
(「小川町の歴史 別編 民俗編」より抜粋)

『当社は、中爪の鎮守として祀られてきた社で、江戸時代には普光寺が別当であった。創建の時期は明らかではないが、普光寺の創建が元和二年と伝えられることから、当社もその前後に勧請されたものではないかと考えられている。また、中爪村の名主を務めた本多家に残る古文書には「寛保三年(1743)鎮守八宮大明神建立、五月ヨリ始メ九月八日成就」とあるが、これは再建を意味するものであろう』
(「埼玉の神社 大里 北葛飾 比企」より抜粋)
IMGS2403s_20150920123945dea.jpg
 参道。
IMGS2407s.jpg
 拝殿と狛犬。
IMGS2425s.jpg
 斜めから。
IMGS2410s.jpg
 蚕影山神社。
 台座には「■■十二年四月十八日 中爪養蚕實行組合建之」と刻まれている。■■の部分ははっきりしないが、うっすらと残る感じでは昭和のように見える。
IMGS2414s.jpg
 天神社。
IMGS2420s.jpg
 八宮神社社殿の隣に東照宮。
IMGS2835s.jpg
 境内には遊具やベンチも設置されている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード