上小川神社(小川町小川)

IMGS2728s_20150924211238406.jpg
 小川警察署前から西へ70m程、国道254号線に面して鎮座する上小川神社(比企郡小川町小川68)。

『上小川神社は、市神すなわち小川の市の守り神として勧請された八雲神社(江戸時代には「天王社」と称した)に、大正四年九月十日に神明町の神明大神社と稲荷町の稲荷神社を合祀したことにより、社号を上小川神社と改めたものである。ちなみに、この社号は、小川の総鎮守である下小川の八宮神社に対し、八雲神社が上手に位置することから付けられたものであるという。
 上小川神社の母体となった八雲神社の由緒については、東秩父村の身形神社の分霊を勧請して祀ったとか、大塚から小川に市が移ってきた際に、八雲大神の掛軸を市神として祀ったのが始まりであるなど諸説あるが、応永年間(1392~1428)には現在の本町二丁目に石祠が建立されている。当初は往還の中央にあったこの石祠は、のちに新井屋瀬戸物店脇の道端に移して祀られていた。
 それが、大正四年に、神明大神社・稲荷神社との合併によって現在の境内に移ったのであった。現在の境内は、西光寺持ちの寺子屋があったところで、その後小川小学校の校舎が建てられていたが、同校が移転した跡地を利用して、神社の用地としたものである』
(「小川町の歴史 別編 民俗編」より抜粋)
IMGS2743s.jpg
 拝殿。
IMGS2734s_20150924211236d07.jpg
 幣殿と本殿。
IMGS2732s_20150924211235671.jpg
 三峯神社。
IMGS2738s.jpg
 左は八意思兼命・手置帆負命・比古佐自命。右は澤泉舎喜古碑とあるが、なんだろうこれ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード