大梅寺(小川町大塚)

IMGS3161s.jpg
 大塚八幡神社の300m程東に位置する曹洞宗拈華山大梅寺(比企郡小川町大塚470)。
 山門には「拈芲山 龍穏承天書」と書かれた扁額が掛けられている。

『大梅寺
 所在地 比企郡小川町大字大塚
 大梅寺は、勧進録によれば仁治三年(1242)に、土地の豪族猿尾氏が都幾川村の霊山院の栄朝禅師を招請し、創建したと伝えられている。
 鎌倉幕府滅亡のおり、将軍守邦親王が当地に下向し病没したので、大梅寺の円了長老が引導し葬ったという言伝えが残っている。
 永禄四年(1561)の兵火で寺院が焼失したが、寛永の頃(1624~1644)に、越生町の龍穏寺第十六世鶴峰聚孫大和尚が中興され、この時より曹洞宗となる。その後、更に焼失し天明五年(1785)に、再建され現在に及んでいる。
 本堂前の記念碑の裏手にある二連塔婆が、暦応四年(1341)に建てられたものであり、貴重なものである。
 また記念碑の左手には、江戸時代の俳人太魯の墓がある。
 昭和五十九年三月』

『大梅寺は、拈華山と号し、当初は天台宗に所属していたと思われるが、鶴峰聚孫和尚による中興の後は曹洞宗に改め、入間郡龍ヶ谷村(元越生町)龍穏寺の末寺となった。本尊は釈迦牟尼仏(拈華釈迦)である。この、大梅寺の由緒については、次の二つの説がある。
 一つは、仁治三年(1242)に栄朝禅師が開いたという説である。栄朝禅師は、臨済宗を起こした栄西禅師の弟子で、比叡山で修行したのち中国に渡り、その後都幾川村の慈光寺の住職となった高僧である。栄朝は、慈光寺の禅の道場として霊山院を開いたことで知られるが、さらに承久三年(1221)には群馬県尾島町世良田の長楽寺も開いている。伝えによれば、仁治三年に当時この辺りを領していた豪族の猿尾氏が霊山院初祖の栄朝禅師に依頼して創建したのが大梅寺であるといい、大梅寺の山号が霊山院と同じ「拈華山」であるのは、こうした経緯によるものと考えられている。
 この説は寺伝によるものであるが、寺伝はさらに、鎌倉幕府の滅亡により、最後の将軍であった守邦親王が難を避けてこの地に逃れ来て、慈光寺や上古寺の東王寺に仮寓したのち、猿尾氏の援助によって梅岑寺に移って再挙を謀ったものの、病を得て亡くなり、大梅寺の住職円了によって手厚く葬られたという話も伝えている。
 一方、「新編武蔵風土記稿」には、別の説が紹介されている。それによれば、大梅寺は、後深草天皇の第三皇子の梅皇子が、正元元年(1259)に故あって当所へ下向し、建治二年(1276)に開基したもので、梅皇子は永仁三年(1295)九月十九日に没したのを当寺が葬り、大梅寺殿二品親王賀慶法師と諡したと伝えられている。ちなみに、この伝について「新編武蔵風土記稿」の編者は、「おぼつかなき説なれど、姑く伝のままで記せり」と記している。
 いずれにせよ、戦国時代には戦乱のために寺は衰微し、永禄四年(1561)にはわずかに山門を残して焼失してしまったという。それを中興したのが鶴峰聚孫で、聚孫が寛永三年(1626)に没していることから、中興の時期は江戸時代初期である。さらに、中興二世の鉄州太牛の時には将軍家から五石の寺領が安堵された。
 また、大梅寺は、重要美術品の双式板碑が境内にあることで知られている。暦応四年(1341)に建立されたこの板碑は、夫婦の供養塔であるが、誰を供養したものかは不明である』
(「小川町の歴史 別編 民俗編」より抜粋)
IMGS3185s.jpg
 参道。
IMGS3166s_20151010004035014.jpg
 如意輪観音と青面金剛。
IMGS3168s.jpg
 本堂。
IMGS3170s_20151010004050c31.jpgIMGS3177s.jpg
 観音菩薩と二連板石塔婆。
DSCF4581s.jpg
『大梅寺二連板石塔婆
 一枚の石材に板碑二基分を彫り出した双式板碑(二連板石塔婆)は、埼玉県に一二基確認されており、そのうち八基が小川町に所在しています。一般的に頂部は水平に成形されますが、この板碑は二つの山形になっているのが特徴で、こうした形態は県内に二基しか確認しか確認されていません。
 中央に暦応四年(1341)の銘があり、それぞれ本尊の阿弥陀如来種子(キリーク)、蓮台の下に、光明真言の凡字(サンスクリット文字。オン・アボキャ・ベイロシャノウ・マガボダラ・マニ・ハンドマ・ジンバラ・ハラバリタヤ・ウンと読む)が四行ずつ刻まれています。真言と唱えると一切の罪業が除かれると説かれることから、追善供養の際によく唱えられました。この板碑も、逆修(生前に死後の冥福のために行う供養)や追善供養のために造立されたと考えられます。
 なお、裏面は文政六年(1823)の三界万霊塔(全ての霊を供養するための塔)に転用されています。
 昭和五十三年三月十七日 町指定』
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
最近のトラックバック
FC2カウンター
プロフィール

梁瀬

Author:梁瀬
無駄な徘徊でCO2を増やす、
方向感覚に不案内なヒト

リンク
RSSフィード